2018
02.02

清々しい顔 ③/③

Category: 未分類



奈良の~1
 ところが、私たちがそんな思いに浸っているとき、私たちも自身も狩人と同じように「自己矛盾」に陥っていることに気づかされます。この物語の結末から私たちが味わっているのは、つかの間の安らぎであり、つかの間の癒しであるということだと思います。
 では、果たして、それを解く鍵はあるのでしょうか?あるとしたら、それはどのようなものなのでしょうか?

 前回の本ブログの中で、「『両手を合わせる』ことは、私たちの毎日が大きな矛盾を抱えていることへの自覚、そして多くの人やものたちに支えられていることへの感謝を姿として表すものである」と書きました。
 食事の前と後に、両手を合わせ、他者から命をいただいていることへの懺悔と感謝の気持ちを表す…。これも一つの鍵になり得るのではないか…。前回のブログの繰り返しになりますが、これが今の私の見解です。
 それにしても、この物語に描かれる親鹿の潔い態度には、心を打たれます。釈迦の前世を説話として綴った『本生譚(ほんじょうたん)』の中にある「捨身飼虎(しゃしんしこ)」の話を思い出します。飢えた虎の親子を助けるために、薩捶王子(さったおうじ)が、断崖から身を投じ、その肉を食べさせるという話です(余談ですが、法隆寺の国宝「玉虫厨子(たまむしのずし)」には、その場面が描かれています。また、誤解のないように申し添えますが、釈迦は実在の人物です。「本生譚」はあくまでも説話として残されたものです)。
 親鹿と薩捶王子とが重なっ見えてきます。それは、まさに「仏の世界」の中の話です。
   そこで、以下は、いつものように独りよがりな解釈です。狩人は、約束を違えなかった親鹿の姿の中に「仏」を見たのではないか…。そして、そのとき、自らの中に眠っていた「仏」に気づかされたのではないか…。その意味で、親鹿を逃がすという行為は、「仏」の行為ではなかったか…。「清々しい顔」とは「仏」の顔ではなかったのか…。
 あまりに「仏」という言葉を使い過ぎました。反省しなければなりません。(〆)


Comment:0  Trackback:0
2018
01.29

清々しい顔 R ②/③

Category: 未分類

kozika2_201703151714228fe.jpg 
 人間の命、動物の命、植物の命、魚の命、虫の命、そして微生物の命など、様々な生き物には命があります。命があるという点では、すべては平等です。それぞれが、懸命に生きています。
 チベット仏教の指導者、ダライ・ラマ14世が述べた「命あるものは、人間だけでなく、小さな虫けらに至るまで、苦しみから逃れ、幸せを得たいと望んでいる」という言葉に心を揺さぶられます。
 しかし、いつも言うように、人間は、他者から命をいただかなければ、生き長らえることはことはできません。物語の中で、狩人は、鹿の親子を逃がします。けれども、彼が生きていくための術は、鹿を含めた野生の動物たちを捕らえることにあります。それは、妻を養うため、また何より生まれたばかりの我が子を育てるため、避けては通れない宿命でもあります。
 狩人が物語の最後に見せた「清々しい顔」も、結局は、つかの間のことなのだと思います。時間は、その流れを止めません。狩人に課せられている現実も同じだと思います。
 この狩人がその後、どのように生きていったかは、知るよしもありません。けれども、そのことを生業にして生きていく限り、狩人は、次の日からまた、動物を追い、捕らえ続けることになるのだと思います。たいへん意地の悪い言い方だと思いますが、その意味では、このときの「清々しい顔」も、狩人が「自己矛盾」に陥っている姿と見ることも可能です。また、せっかく捕らえた獲物をみすみす逃するなど、馬鹿げているという批判もあるでしょう。
 しかし、その一方で、人間の命と鹿の命を一つのものと見た狩人に対して、尊崇の念も沸き上がってきます。狩人の心に宿ったと思われる心こそ「自他一如」の心、言葉を換えるなら「仏心」です。これが、この物語が伝えようとしている主要テーマだと思います。(以下、③/③につづく)


Comment:0  Trackback:0
2018
01.25

清々しい顔 R ①/③

Category: 未分類

sika_20170315171424afe.jpg 
 今回は、いつもの仏教説話から、動物と人間との交流を描いたお話を紹介します。


 狩人は、泉の近くの雑木林に網を張って、獲物がかかるのを待っていました。しばらくすると、一頭の鹿が草原の中から姿を現しました。そして、ゆっくり泉に近づいた瞬間、網がくるむように、鹿の体にからみつきました。
 「しめた、かかったぞ!」
 狩人は、鹿のもとに駆け出しました。鹿は、悲しそうな声を上げ、もがいていました。
 「もう諦めるんだな。その網からは、決して逃げられない。」
 狩人がそう言うと、鹿は急にもがくのを止めました。そして、頭を下げて言いました。
 「わたしは、もうどうなっても構いません。ただ、わたしには生まれたばかりの二匹の子どもがいます。まだ目もよく見えず、えさも探せません。わたしがいなくなれば死んでしまいます。どうか7日間だけ、わたしを子どもの元に帰してください。自分で生きていけるように教えて、必ずここへ戻ってきます。」
 狩人は、迷いました。急に、けさ家を出るとき、身重な妻が言った言葉を思い出したからです。それは、次のようなものでした。
 「もうすぐ、私たちの赤ちゃんが産まれます。しばらくの間は、生き物の命を取るのは止めてくれませんか。」
 狩人はしばらく考えていました。そして言いました。
  「よし、おまえの言葉を信じよう。逃がしてやるから子鹿のもとへ帰るがいい。」 そう言うと絡まった網をほどいてやりました。
 鹿は、喜んで雑木林の奥に走っていきました。
 
 それから7日経った昼過ぎ、狩人は、約束した泉のほとりにやってきました。やがて、草を踏む音とともに、あのときの母鹿が姿を現しました。後ろからは、可愛い二匹の子鹿も出てきました。
 「ついてきては、だめ!帰りなさい!」
 母鹿が、厳しい声で言いました。でも子鹿は母鹿にまとわりついて離れません。  それを見た狩人は、急に鹿に向かってこう怒鳴りました。
 「おまえとの約束など、忘れた。さっさとわしの目の前から消え失せろ。」…「早く逃げないか!…逃げろと言ったら逃げろ!」
 鹿の親子は、何がなんだかわからないまま、雑木林の中を逃げ帰っていきました。じつは、狩人には、三日前、元気のよい男の赤ちゃんが生まれたのです。狩人には、自分の赤ちゃんと2匹の子鹿が、別の命のように思えなくなっていたのです。
 狩人は、鹿の親子を見送ると、空に向かって大きく伸びをし、清々しい顔をして、家に帰っていきました。
(以下②/③につづく)



Comment:0  Trackback:0
2018
01.19

ギャラリー62

Category: 未分類
◎これまで掲載した水をテーマにした写真をギャラリー62」としてまとめました。 

 
水は百面相 どれも水の顔には違いない 
 しかし どれも本当の顔ではない 
 心も同じこと
 
今回の写真は、すべて蒲郡の竹島水族館で撮影したものです。照明に照らされる水面と撮ってみました。微妙に違って見えるかと思います。

62-1.jpg

62-4.jpg 

62-5.jpg 

62-6.jpg 

62-3.jpg 
次回は、「清々しい顔 R」を掲載します。ぜひ、ご訪問ください。


Comment:0  Trackback:0
2018
01.13

「苦」にしない生き方 ③/③

Category: 未分類

a0090552_11302687.jpg 

 釈迦が述べたように、人生は、さまざまな苦しみに満ちています。冒頭では、「四苦八苦」を例に挙げましたが、これら人間としての本源的な苦しみの他にも、あいさつの話や車のサインの例のように、私たちが「苦」を感じる場面はいくらでもあります。
 煩悩というのは、自分の都合を最優先させた究極の私的な欲求だと言えます。そして、それが叶わないところに「苦」が生じます。その意味では、煩悩の裏返しが「苦」とも言えます。煩悩は無尽です。私たちの「苦」は、尽きることのない煩悩の数と同数にあると言ってもいいのだと思います。
 そこで、執着心を断ち切るための方法です。先にも述べたように、煩悩と「苦」は、表裏一体にあるものです。人生が「苦」に満ちているのは、私たちの心の中に無数の私的な要求が渦巻いているからに他なりません。つまりは、「苦」の種は自らの心の内にあり、そこに外的な要因は存在しないということです。あいさつの話や車のサインの例で言うなら、決して、原因を相手に求めてはならないということでしょう。
 結局、執着心を断つということは、自分ではどうすることもできない事柄を、自分の都合に合わせて変えようとすることをやめということではないでしょうか。私たちは「四苦八苦」から逃れることはできません。また、あいさつや車のサインをしない相手の心を変えることもできません。執着心を断つということは、自分ではどうするこもできない事柄はそのまま放っておくということではないかと思うのです。
 車のサインのように相手がある場合、仮に不満をぶつけるような言動に出たとしたら、間違いなくそこは修羅場になることでしょう。さしずめ次のようなシーンが繰り広げられるのではないでしょうか。
 「あなたのその態度は何だ?わたしが厚意でしたことに対して、お礼もしないとは失礼ではないか?その態度を改めなさい!」
 「それは言いがかりだ。あなたが勝手にしたことに対して、なぜお礼など言わなければならないのか?私には関係ないことだ。」
 「その言葉は聞き捨てならない!外に出なさい!」
 「よろしい、望むところだ!」
 こんなやりとりが高じれば、暴力沙汰になる場合もあるかも知れません。そうすれば、ますます「苦」は増大していきます。「苦」の種は、もともと自分自身の内にあるのですから、その中で処理しなければ「苦」は和らぐことも遠ざけることも、まして滅することもできないということでしょう。
                 903311032081671.jpg
 いずれにしても、“自分の勝手や都合だけではどうにもならないことがある”そして、“すべては時間が解決してくれる”ということを心底から納得することではないかと思うのです。「一切皆苦」とともに釈迦が説いた真理に「諸法無我(無限の関係性)」と「諸行無常(永遠の変転性)」がありますが、この二つの真理から導き出される真実について高度な認識さえあれば、執着心を断ち切ることができ、「苦」を克服できるということなのでしょう。
                  
  ただ、私のような凡人には、それが難しいのです。理屈では分かっていても、実践となると甚だ心許ないのが実態です。運転中に進入路を譲ったとき、相手の車のハザードランプ(ストップランプ)を意図的に見ないようにすることだけはするまいと思うのですが、こんなレベルだから、いつまで経っても「苦」から逃れられないのだと思います。情けないことです。(〆)

63-3.jpg  
 
※クリックすると拡大して見られます。

次回は「清々しい顔 R」を掲載(3回配信)します。ぜひ、ご訪問ください。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top