FC2ブログ
2018
07.18

扇子は扇子ではない ②/④

Category: 未分類
a73cf9690aa2b335da87056c335af77c.jpg


 「AはAに非ず、ゆえにAと名づく」…。当然のことながら、Aには、様々なものが入ります。冒頭で例に挙げた「扇子」がそうですが、他にも、「仏は仏に非ず、ゆえにこれを仏と名づく」「月は月に非ず、ゆえにこれを月と名づく」、あるいは、「山は山に非ず、ゆえにこれを山と名づく」云々といった具合です。
 全体の文脈などから、「色(しき)」の世界から、いったん「空(くう)」の世界に入り、再び「色」の世界に戻ることを喩えたものかとも思うのですが、禅の思想ばかりは、なかなか一筋縄ではいきません。
 「月は月に非ず…」「山は山に非ず…」ということですから、この論法を徹底していくと、最後には「◎山△男は◎山△男に非ず…」ということにもなります。つまり、戸籍上の名前さえも、否定されてしまうのです。 いわゆる全否定です。こうなると、何がなんだか分からなくなってきます。

 ところで、禅の始祖とされる達磨大師(だるまだいし)が「四聖句(しせいく)」というものを残しています。その中の一つに「不立文字(ふりゅうもんじ)」があります。
 仏教の真理(あるいは「禅」の真理)は、文字では説明できないものであり、文字を使って理解できるものではない…。文字を使って説明したものは真理から離れていく…。
 概ね、こんな意味かと思われます。このような立ち位置から、「以心伝心(いしんでんしん)」等という言葉も生まれてきます。つまり、「真理というのは、心から心へ伝わっていくもの」ということです。
 文字を使わないということは、言葉を使わないということと同意です。文字も言葉も「概念」です。その意味では、「不立文字」というのは「概念」に囚われない在り方の奇特さを説いたものと言えるでしょう。「月」「山」、「花」、「鳥」など、すべて「概念」です。もちろん「○山△男」も「概念」です。「概念」であるということは、そこには実体がないということです。 (以下、③/④につづく)
IMG_1053.jpg
※クリックすると拡大して見られます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/682-ee7b90a9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top