FC2ブログ
2018
06.23

仏像に本物はあるか R ④/④

Category: 未分類
enku.jpg 
 仏について、禅の思想を象徴するものとして、「金仏(こんぶつ)、炉を渡らず、木仏(もくぶつ)、火を渡らず 泥仏(でいぶつ)、水を渡らず、真仏(しんぶつ)、内裏(だいり)に坐す」という言葉も残されています。金属で造った鋳物の仏像は、炉の上を渡ったら熔けてしまう-、木で造った仏像は、火の上を通ったら燃えてしまう-、泥をこねて造った塑像の仏像は、水の中に入ったら熔けてしまう-、本当の仏は、それぞれの心の中に坐っている-。こんな意味になります。
 また、以前にも紹介しましたが、中国の唐の時代に活躍した丹(たん)霞(か)天(てん)然(ねん)という禅僧には、次のような逸話も残されています。
 ある寒い日、丹霞禅師は、暖をとるためのたき火がなくなったため、本堂にあった木造の釈迦如来像を持ち出し、燃やしてしまいます。それを見た仲間は驚き、咎めながら、その理由を問いただします。
 すると禅師は、「仏像を焼いて、その舎利(骨)を手に入れ、供養しようとしているのだ」と答えます。仲間は、木で造った仏像に舎利などある訳がないと反論しますが、禅師は、平然と「それなら、なおのことこれは単なる木片ではないか」と切り返します。「禅」の本質的な考え方と在り方を示す、たいへん興味深い話だと思います。
 禅は、基本的に偶像を認めません。したがって、禅寺では、決まった本尊というものがありません。釈迦如来像であったり、観音菩薩像であったり、地蔵菩薩像であったりします(一番多いのは釈迦如来像のようですが)。
 ただ、こんなふうに考えてくると何か味気ない感じもしてきます(私的なことではありますが、図らずも、我が家の菩提寺は禅寺なのです)。だから、そんなとき、私は次のように考えることにしています。
 仏像に「本当の姿」はない…。しかし、「仏」というものは必ずある…。私たちがそれを意識し、大きな憧憬や畏敬の念を抱いているときにもそれはあるし、また、そうではないときにも必ずある…。
 ところが、それが、あまりにも私たちの近くにあり、あまりに遠くにあるために、私たちはそれになかなか気づけないし、捉えられない…。これが、今の私の見解です。
 読者の皆さんは、どのように感じられますか?(〆)
IMG_9309トリ2 
※クリックすると拡大して見られます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/677-c20d0710
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top