2018
05.01

「ゼロ」にならない心 R ③/③

Category: 未分類
IMG_0642.jpg
 無文老師は、次のようにも述べています。
 心が無であるということは、何もないということではなく、客観の世界と一緒に動けるということであり、それが無であり、本当の悟りである。(奪人不奪境)
 「無心になる」というのは、我欲を棄て・我執を消し去ることです。勝手な推測ではありますが、「ゼロ」の人たちは「ゼロ」の状態に至ることで、我欲・我執から解放されたのではないでしょうか。そして、そこに自然な形で道徳的実践が生まれてきたのではないかと思うのです。
 引用文の中に「客観の世界と一緒に動く」という言葉がありますが、「客観の世界」というのは、この場合「新宿の街」であり、そこに落ちている「ゴミ」のことだと思います。言い換えるなら、Aさんが「ゼロ」の人たちと呼ぶ人たちは、そのとき「新宿の街」そして「ゴミ」と一つになっていたということです。その意味では、彼らは「悟り」の境地にあったと言えるのかも知れません。
 Aさんは、掃除をするホームレスの人たちの姿に接し、気迫や凄み、そして感動をも覚えたと話しています。私見ではありますが、それは、彼らの「純粋な人間性」に触れたことに起因する心の動きではないかと想像します。人間誰もが本来持っている「究極の主体性」とも言えるものです。具体的には、分別を超えた「智慧」であり、その「働き」のことでしょう。 
  もちろん掃除を続けるホームレスの人たちにそんな意識は微塵もないのだろうと思います。しかし、だからこそ尊いと思うのです。
 求める心が「ゼロ」と言っておきながら、掃除の後にありつける炊き出しを期待するのは矛盾しないかとの意見もあるかもしれません。
 しかし、先の男性の談話からも分かるように、彼らが行政の配慮で用意される食事より、清掃活動することの方に重きを置いていることは明白です。彼らにすれば、炊き出しの食事にありつくことなどは、「社会の中で役立ちたい」という「無心」に根ざした動機に比較すれば二義的なことなのだと思います。Aさんの感涙の源もこの一点にあるのだと想像するのです。
 当事者から遠く離れたところにあって、よくもそんなお気楽なことが言えたものだとのお叱りの声が聞こえてきそうです。
 読者からのご批正をお待ちしています。(〆) 

IMG_0520.jpg
※クリックすると拡大して見られます。



                                                            
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/670-799100d0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top