FC2ブログ
2018
04.07

鈴木大拙の思想 ①./④

Category: 未分類
0701.jpg

 鈴木大拙(すずきだいせつ)[明治3年(1870)~昭和41年(1966)]の思想に触れる機会がありました。「大拙先生とわたし」と題したNHK Eテレの番組“こころの時代”の視聴を通してでした。番組は、生前の鈴木大拙と親交の深かった岡本美穂子(おかもとみほこ)氏(金沢・鈴木大拙記念館名誉館長)が、ディレクターのインタビューに答える形で進行されました。
 鈴木大拙(以下、大拙とします)は、鎌倉・円覚寺で釈宗演(しゃくそうえん)のもとで禅を学び、禅の思想や東洋の思想を欧米に広めた仏教学者です。戦後はアメリカに滞在し、ハーバード大学やニューヨーク大学などで仏教や禅に関する講義を行った他、著作の多くを英語で執筆し、禅の思想を世界に普及する基盤づくりをしました。現在の禅(ZEN)の国際化は大拙の存在を抜きにしてあり得ないとされます。
 一方、岡本氏は、昭和27年(1952)にアメリカで大拙と出会い、昭和41年(1966年)に大拙が死去するまで、約15年にわたり秘書役として生活しました。最晩年の大拙を知る人物としてよく知られる女性です。
 番組では、アメリカ時代の大拙に関わるエピソードや、岡本氏自身が大拙と交わした対話の様子などが具体的に紹介され、大拙の人となりやその思想の一端を垣間見る上で、たいへん興味深いものでした。
 その中から、私が心に残った三つの場面について、思うところを述べてみたいと思います。
 先ず、一つ目の場面です。
 あるとき、目の前の机を叩いて、「どこで聞いた?」と尋ねられた。耳で聞いたなど答えるのは余りにも平凡なので、「全身です」と答えた。すると、「そんなけちくさいものじゃないぞ」と言われた。その後に、大拙は「全宇宙が聞いたから、あなたが聞いたのだ」と続けた。
  不思議なやり取りではあります。しかし、これが仏教(とりわけ禅)の世界観です。138億年前から続く宇宙の営みの延長線上に私たちは存在しています。私たちの心の働きも体の働きも宇宙に働く力から離れて存在しません。眼・耳・鼻・舌など、感覚器官の働きの全ては、宇宙に直結しています。私たちの「聞く」という行為も、単独で機能しているのではなく、宇宙を構成し、進化させているエネルギーを得てあるわけですから、「宇宙が聞いた」と言っても過言ではないということです。その意味では、私たちが歩いたり、止まったり、坐ったり、横になったりする行為、つまり「行・住・坐・臥」も宇宙の行為であると言えます。(以下、②/④につづく)

64-7.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/652-07eeedaa
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top