FC2ブログ
2018
03.06

二人のイリーサ R ②/④

Category: 未分類
z091202_3.jpg                                   z091202_2.jpg
するとニコニコ笑っていた男が言いました。
 「そいつは偽物だ。さっさと外へ放り出せ!」 
それを聞いた、町の人々は、イリーサを門の外へ放り出してしまいました。 
「ああ、何ということだ。本物のわしが、偽物に追い出されるとは…。」イリーサは、あまりのショックで、そのまま気を失って倒れてしまいました。  
 気がつくと、イリーサは、ベッドの中でした。心配そうに妻がのぞき込んでいました。
 イリーサは、聞きました。
 「わしは、どうしてここにいるのだ?蔵の宝物はどうなった?」 
 「ええ、あなたが、みんなにあげてしまえとおっしゃったので、その通りにしました。町の人たちは、みんなとても喜んでいます。」
 「ああ、やっぱり。わしは、もう、おしまいだ…。ところで、わしとそっくりの男はどうした?」
イリーサが、そう尋ねると、妻は、意外そうな顔をして答えました。
 「そっくりの男ですって?そんな男は知りませんよ。」
 「知らない?その男が町の人たちに、宝物をあげたんだぞ。」
 驚いたイリーサは、声を荒らげました。しかし、妻は、落ち着いた様子で言葉を続けました。
 「いいえ、あなたですよ。あなた以外に誰もいません。…いいことをなさいましたね。あなたは、今では、すっかり町の人気者です。あなたの中にも、わかちあう心があったのですね。子どもたちも、とても喜んでいます。」
 イリーサは、何がなんだか分からなくなりました。
 でも、それからしばらくして、心が落ち着いてくると
 (あの男は、ひょっとしたら、本当の自分だったのでは)
と思えてきました。そして、何だか気持ちが「すーっ」と楽になって、心が温かくなってくるのでした。

  二人のイリーサの「むさぼる心」と「わかちあう心」、このような二つの心は、私たちは誰でも持っている心だと思います。果たして、どちらが本当の自分の心なのでしょうか?前者でしょうか…?後者でしょうか…?それとも…?
 ところが、「禅」では、「どちらが本当の自分か?」などという問いそのものが意味を持たないようです。(以下、③ /④につづく)
64-1.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/645-28584fbf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top