FC2ブログ
2018
03.02

二人のイリーサ R ①/④

Category: 未分類
top_img.gif
 いつもの子ども向けの「仏教説話」の中から、インドに残されているという話を紹介します。
 ある町に、イリーサという大金持ちの男がいました。御殿のような大きな家に住み、蔵には金や銀や宝石がびっしりと入っていました。でもイリーサは、いつも貧しい身なりをして、食べ物も粗末なものを少しだけ食べ、着るものも古びて、よれよれになったものを着ていました。ひどいけちで、ものがあり余っていても、人に与えるどころか、自分が使うことも惜しくてたまらないのです。だからイリーサは、妻や子どもからも、そして、町の人からも嫌われていました。
 ある日のことです。イリーサが家に帰ってくると、家の中がざわざわしています。ふくろを担いだ町の人たちが、イリーサの家を出たり入ったりしているのです。何事が起こったのかと中に入ってみると、蔵という蔵は、扉が開いていて、人々が金や銀や宝石などを、ふくろに詰めて持ち帰ろうとしているではありませんか。イリーサは、かっとして、大声で怒鳴りました。
 「こら、おまえたち、何をしているのだ!わしの大事な宝物をどうするというのだ!このどろぼうめ。返せ!返せ!」
 そして、あわてて、ふくろを奪い返しにかかりました。
 するとその時、家の中から声がしました。
 「みんな、かまわん。かまわん。好きなだけ持って行け。わしは、今まで、けちけちとお金や宝をためてきたが、もう飽きた。それに、けちだということでみんなに嫌われるのが嫌になった。好きなだけ持って行け。早く持って行け。」
 「何だと、おまえはいったい誰だ!」 
 イリーサが怒鳴りました。すると家の中から男が出てきました。 
 「わしか、わしは、この家の主人のイリーサだ。」 
 それは、イリーサと顔も姿も声もすっかり同じ男でした。
 イリーサは、驚くやら、あきれるやらで、いっそう大きな声で怒鳴りました。
 「何を偽物め。わしがこの家の主人のイリーサだ。だれの許しを得て、こんなことをしているのだ!」
 「何、わしが偽物だって?おまえこそ偽物ではないか。」 
男は、ニコニコ笑って言いました。
 人々は、ぽかんとして、見比べました。でも、二人は、どこからどこまで、すっかり同じで、どちらがどちらかは、全く見分けがつきません。
(以下、②/④につづく)
63-8.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/644-9c329ece
トラックバック
コメント
突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
さくらdot 2018.03.02 17:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top