2018
01.01

両手を合わせる ①/①

Category: 未分類
201509171328013c6.jpg 
新年、明けましておめでとうございます。
 つたない内容ではありますが、今年も、本ブログをどうぞよろしくお願いいたします。 

 昨年末にNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が終了しましたが、その中で重要な舞台の一つになったのが龍潭寺(浜松市引佐町)でした。ご存じの方も多いと思いますが、龍譚寺は井伊家が浜松に在していた当時の菩提寺としてもよく知られる古刹です(井伊家は、関ヶ原の合戦の後、彦根に藩替えになりました。したがって、彦根にも龍譚寺があります)。また、小堀遠州が手がけた庭園でも有名な禅寺(臨済宗妙心寺派)です
 さて、その龍譚寺ですが、以前、訪問したとき、玄関の壁面に掲げられていた詩に目が止まりました。お寺の方に写真撮影の可否を問い合わせたところ、「どうぞ…」という答えとともに、その詩をプリントアウトしたものを手渡してくださいました。たいへん親切な対応に、感激すると同時に、不謹慎ながら、お寺への好感度も一気に上がりました。
 その詩は、仏教詩人、坂村真民のものでした。
  両手を合わせる/両手でにぎる
  両手で支える/両手で受ける
  両手の愛/両手の情け
  両手を合わしたら/喧嘩もできまい
  両手に持ったら/壊れもしまい

  一切衆生を/両手に抱け    ※本文では改行されています。
 本ブログでよく登場する禅語「自他一如」には、「わたし」と「あなた」は本来一つのものという意味があります。禅は、エゴ(我欲)の色に着色され、歪められたレンズを取り払って外部の世界を見つれば、そのことはすぐに分かると主張します。 
 しかし、以前にも述べたように、現実には、私たちは、相対差別、比較分別の世界の中にあります。動物や植物など、いわゆる無情のものたちの力を借りなければ、「命」を保つことはできません。また、たくさんの人の力を抜きにして、日々の「暮らし」はありません。
 したがって、「両手を合わせる」ことは、私たちの毎日が大きな矛盾を抱えていることへの自覚、そして多くの人やものたちに支えられていることへの感謝を、姿として表すものだと受け止めることができると思います。
 「両手を合わせる」ことこそは、日本文化の代表格の一つだと言ってよいと思います。初詣には「両手を合わせる」機会が多くなります。その姿と意味を、私たち大人から、未来の主人公である子どもたちへ、ぜひ伝えていきたいと思っている一人です。 (〆)
62-8.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/635-5abf272d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top