FC2ブログ
2017
11.01

心の鏡R ④/⑦

Category: 未分類

112494.jpg
 動物たちのもつ意識は人間よりも遙かに微弱なものです。しかし、だからこそそのことが「幸い」であると受け止めるのが仏教の立場です。弱いから劣る、弱いからダメだというのではないのです。真逆です。弱いから優れている、弱いから素晴らしいと言います。なぜなのでしょう。
 先にも述べたように、人間は、「五官」(眼・耳・鼻・舌・身)を頼らずして対象を捉えられません、認識することもできません。好むと好まざるとにかかわらず、意識あるいはエゴ(自我、あるいは我欲・我執)の影響を受けながら、個々の認識を蓄積・拡大していきます。そして、その認識を統合したもの、つまりその集合体こそが、「私」という概念です。
 意識により認識がまとめられて「私」は作られていきます。すると、次に厄介なことが起きてきます。その「私」が「五官」に働きかけ、その好みや癖を押しつけながら情報の再収集を始めます。そのため「私」は、ますます偏り、歪み、ますます狭く、ゆとりのないものになっていきます。そして、それが相互の孤立化を生み、仲違いや争いのもとにもなります。
 「心こそ 心まどわす心なれ 心に心 心許すな」という沢庵禅師の有名な古歌もありますが、これはこのような特質をもつ「心」の危うさを詠ったものではないかと思います。
 人間にもいろいろなタイプがあり、比較的に自己主張の少ない人もいれば、穏やかで従順なタイプの人もあります。しかし、いくらそうであっても、動物たちにのそれとは、比較にならないほど、強力で、強烈であるのが人間の意識だと思います。 その意味では、動物たちの「心」の方が外界のものを映し出す能力に長けており、外界の世界の真実の姿をより正しく認識しているということになるのかも知れません。 (以下、⑤/⑦につづく)
62-3.jpg

※クリックすると拡大して見られます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/616-43509791
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top