2017
09.02

バッハの音楽は「悟り」から?④/④

Category: 未分類

02694000190.jpg
 最後に話が飛躍するのですが、もうしばらくお付き合いいただければ幸いです。文部省唱歌「虫の声」をご存じでしょうか。


 あれ松虫が 鳴いている
 ちんちろ ちんちろ ちんちろりん
 あれ鈴虫も 鳴き出した
 りんりん りんりん りいんりん
 秋の夜長を 鳴き通す
 ああおもしろい 虫のこえ

 きりきりきりきり こおろぎや
 がちゃがちゃ がちゃがちゃ くつわ虫
 あとから馬おい おいついて
 ちょんちょん ちょんちょん すいっちょん
 秋の夜長を 鳴き通す
 ああおもしろい 虫のこえ


 日本には古くから(平安時代)から、虫の声を愛でる風習があったようです。文部省唱歌「虫の声」も、そんな日本人の豊かな感性を子どもたちに伝えることを狙って作られたのではないかと想像します。
 虫の声が聞こえ始めると、否が応でも秋の訪れを感じさせます。どの虫の声(正しくは虫が発する音)も美しく純粋で愛らしいものです。私たちは、そのことに心惹かれるのだと思います。
 考えてみれば、虫たちに「私心」はありません。ただただ「無心」で鳴いています。そして、虫の声も人間にはコントロール不可能です。
 こんなふうに考えると、虫たちの声は「悟り」の声だとも思えてこないでしょうか。山田無文老師は、「花を(見ているときは)即自己と見ていく。鐘の音を(聞いているときは)即自己と聞いていく。…この天地と我が本来は一つであると見ていく体験が禅である」と述べています(「臨済録」から)。
 無文老師に倣うなら、私たちが虫の音を聞いているとき、自分が虫になって聞いていくところに「悟り」があるということです。いわゆる「自他一如」の境地です。
 余談ですが、欧米の人たちは虫の声を“雑音”として聞くと言います。虫の声を聞くときにも「私心」を遮断し、“もう一つの心”で聞かなければ、それは単なる“雑音”になってしまうということなのかも知れません。
 私たちが虫たちの「悟り」の声に耳を澄まし、その音色を愛でているとき、自我(エゴ)はその動きを止め、代わりに天地と一体となった“もう一つの心”が動き出しているのではないでしょうか。そして、そんなとき、私たちは案外、「悟り」の境地に近いところにいるのかも知れません。

                      7619101_201609291036388d0.jpg
 以上、長々と勝手な意見を述べてきましたが、バッハの音楽を聴くとき、そして虫の声を聞くときの不思議な共通点について、読者はどのように思われるでしょうか。ご意見をお待ちしています。(〆)

59-8.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/603-77296484
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top