2017
07.20

「光のない光」で見る!②/④

Category: 未分類
stock-illustration-67641939-bright-beam-of-flashlight.jpg 
 北原氏の話を聴いた後、私にも一つのアイデアが思い浮かびました。それは、暗い部屋の中でライトを点灯したときに起きる現象でした。
 暗い部屋の中で、強力な光を放つ懐中電灯のスイッチを入れた場合を思い浮かべてください。そこには、室内に浮遊する塵の姿が光に照射され見えるはずです.
当然のことながらスイッチを切れば塵は見えなくなります。
 通常、室内に浮遊している塵は、私たちの目には見えません。私たちが普段それを認識できるのは、雑巾や箒、掃除機などを使って掃除をしたときくらいでしょう。集められた塵の姿を目の当たりにし、ようやくそれが室内に浮遊していたことに気づくのだと思います。しかし、暗い部屋の中では、懐中電灯が強い光を放った途端、その光が及ぶ空間にだけ無数の塵が浮遊しているのが分かります。
 これを「生・死」の問題に当てはめて考えてみます。この場合に懐中電灯の光とは何でしょう?私は、それは人間の「知性」ではないかと思うのです。その「知性」という光に照らされ、塵が見える状態が「生」という概念ではないかと思うのです。つまり、「生」というのは、私たちの精神活動の産物であるということです。
 荒唐無稽な喩えであり、この先を読み進むことを躊躇される読者があるかも知れませんが、しばらくお付き合いいただければ幸いです。
 この喩えの中で大切なことは、次のことではないでしょうか。暗闇の中、私たちは懐中電灯の光を得て、塵の存在を知ることになります。ところが、懐中電灯の電池の能力には限界があります。電圧の低下に伴い、懐中電灯は、次第に光量を弱め、やがて光を失います。そして、その結果、照射されていた塵も見えなくなり、再び暗闇の世界となります。
 ただ、塵は見えなくなっても、なくなったわけではありません。光に照らされている間も、また照らされる前も後も、変わることなく室内に浮遊しています。密閉された室内を想定するなら、その中にある塵は増えもしなければ減りもしません。『般若心経』で詠まれる「不増不減」の状態です。
 つまり、塵は私たちが懐中電灯の光を照射したときにだけ、たまたま目に映るのであり、「生・死」が問題になるのは、その光があるときだけということです。したがって、その光がなければ、「生」も「死」もないことになります。(③/④につづく)

58-5.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/593-fcad80fa
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top