2017
07.04

消えたキーホルダー ④/④

Category: 未分類

maxresdefault.jpg 

人間の知覚能力は不完全なものです。また、身体能力にも限界があります。そして、それらは歳とともに衰えてもきます。加えて、記憶違いやそれに端を発した妄念・妄想、妄動は、誰にでも起こり得ることです。今回の私の所行がその実例です。いつも引用する道歌の一つに「極楽も地獄も己が身にありて 鬼も仏も心なりけり」がありますが、今回、私は痛いほどそのこと思い知らされるところとなりました。
 ただ、弁解がましく聞こえるかも知れませんが、私たちは案外こんなふうにして、日々「地獄」を味わったり「極楽」を味わったりしているのかも知れません。不適切な喩えかも知れませんが、キーホルダーは私を「地獄」に突き落としましたが、同時に「極楽」にも導いてくれたのです。
 私たちの心は、避けがたく「地獄」と「極楽」の間を経巡っています。この二つの心から離脱する術などありません。問題は心の揺れ幅をいかに小さく収めるかということではないでしょうか。
 その意味では、予期せぬことや思い通りにならないことに遭遇し、心が乱れたとしても、その心を冷静に眺められる“もう一つの心”があるなら、受け止め方はずいぶん違ってくるのかも知れません。
 山田無文老師の言葉の中に、次のようなものがありました。


 自己反省をしてみると自分の心の中に無量の衆生がいる(ことが分かってくる)。客観的な衆生ではなく、自分の心の中に無量の悩める衆生がいる。それを救わなければならない。…自分の心の中の衆生が本当に救われたら、外の衆生はどうせんでも救えるようになる。


 「心の中の衆生」というのは、自我(エゴ)、つまり「地獄」や「極楽」など六道輪廻する心のことだと思われます。常に「自己反省」を忘れず、「心の衆生」の動きを冷静に見つめられる“もう一つの心”を持つことの大切さを述べたものだと思います。


                   car_blue.png
 今回の不祥事は、すべて私の不徳の致すところでありました。読者は、くれぐれも私のような失敗はされませんように。(〆)

58-3.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/590-66d47987
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top