2017
06.26

消えたキーホルダー ②/④

Category: 未分類

k13336336.jpg
 夕方になり、車検が終了すると、自宅に戻って本格的なキーホルダー探しが始まりました。運転席周りはもちろん、助手席や後部座席の周辺など、通常なら死角になっている場所も隈なく探しました。また、無駄なことだとは思いつつも、トランクのカバーも開けてみました。しかし、見つかりませんでした。
 「いったいどうしてしまったのだろう?」「何か勘違いがあるのだろうか?」という思いもありましたが、次第に別の感情も芽生えてきました。それは原因を他者に求めようとする心の動きでした(今にして思えば、誠に大人げなく、恥ずかしいことだったのですが)。
 「スタッフの探し方が不十分ではないだろうか?」「落ちていたもの(置き忘れていたもの)を見つけて着服した不心得者がいるのではないだろうか?」、さらには「嘘を言っている人物がいるのではないだろうか?」など、悪しき想像は次第にエスカレートし、それとともに不安も膨らんできました。そして、給油カードの更新や玄関キーの交換も考え始めていました。

 翌日の朝、心にもやもやしたものを抱えながら、予定していた給油と資源ゴミの投棄に出かけました。行きつけのGSに着くと、真っ先に給油カードの更新手続きをしました。GSのスタッフから、給油カードに使用された形跡がないことを知らせてもらい、安心もしました。
 給油を終え、資源ゴミの収集場所へ移動しました。車を止め、トランクに積み込んだ資源ゴミを取り出すために車の後ろに回りました。そして、トランクのカバーを開けました。
 すると目を疑いました。古新聞を入れるケースの側に、キーホルダーがあったのです。まさに青天の霹靂でした。しばらくの間、立ちすくんでいたと記憶しています。お笑いになるかも知れませんが、軽いショック状態でした。
 それを見て、一つの記憶が蘇ってきました。ディーラー店で車を預けたとき、運転席の脇にあった雨傘をトランクに移しました。推測ですが、そのとき手にしていたキーホルダーを無意識のうちにトランクの床に置き、雨傘を束ねた後、そのままトランクのカバーを閉めてしまったのだと思います。(以下、③/④につづく)

58-1.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/588-dff011b8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top