2017
05.05

「投機」について ②/③

Category: 未分類
dc71b958b4247d6b6e741e58901a8ff9.jpg 
 玄侑氏は、概念の最たるものが“金(かね)であると指摘しています。“金”は、当初、それ自体が金や銀、貝、刀など、その共同体内部で共通に貴重だと思われるものが用いられていました。それらによって交換されるものが同等の価値をもつと見なされていたからです。それは、実体を持つものであり、さらに生活上の実感もあったはずです。
 しかし、紙幣の出現によってお金は一気に概念度を高めることになりました。ちなみに、現在の一万円札の製造費用、つまり原価は、一枚当たり二十二円ほどだと言います。それを一万円の価値があると見なすのは、人間だけが持つ概念の力によるものです。ネコに小判という諺もあるように、動物たちはそんなものに決して価値などを認めません。また、“金”は放っておいても利子を生み出します。ヘッジファンドなどのように投機的な使い方をすれば、労せずして大きな増益を生むという性質もあります。
 しかし、このように概念・妄想の世界だけで大儲けをしたり、高額な収入を得たりという在り方にどうしても違和感があるのはなぜでしょうか。
 以前、ネズミを使った動物実験で示された「コントラフリーローディング効果(contrafreeloading effect)」のことを紹介したことがあります。初めから餌を皿に入れてある場合と、レバーを押さないと餌が出ない仕掛けがある場合で実験してみると、ネズミはレバーを押す頻度の方が高いというあの興味深い実験です。
 ネズミは、労せずして手に入る餌よりも、レバーを押す作業によって得る餌の方に価値を感じていると推測されるこの実験ですが、さらに興味深いのは、これがイヌでもサルでも鳥類でも魚類でも、動物界全体に普遍的にみられる現象であるということです。もちろん人間も例外ではありません。「投機」による資産運用という、いわば不労所得に対して私たちが抱く違和感は、このような原初的な感覚に根ざしているのではないかと推測するのですが、読者はどう思われるでしょうか。(以下、③/③につづく)
56-6.jpg
※クリックすると拡大して見られます。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/576-2348dff3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top