2017
05.01

「投機」について ①/③

Category: 未分類
84d4c318.jpg 
 突然ですが、「投機」という言葉から、読者はどんなことを連想されるでしょうか。辞書を引いてみると「①損失の危険を冒しながら大きな利益をねらってする行為。やま。②市価の変動を予想して、その差益を得るために行う売買取引。」とあります。現代の資本主義を「投機的資本主義」と呼ぶこともあると聞きました。日常生活に深く関わる様々な物資を、需要もないのに売り買いし、売値と買値の差額で大儲けしようとする、いわゆる投機マネーが横行する昨今の資本主義社会の有り様を指したものだと思います。
 ところが、ある本(玄侑宗久著『無功徳』)の中に、「投機」という言葉はもともとは禅語であるという記述がありました。にわかには信じられなかったのですが、改めて辞書を引くと、確かに「禅宗で、師家と弟子のはたらき(機)が一つになること」とありました。玄侑氏は、「投機」とは、「機に投ず」と読み、修行者が真理の世界に参入して、道と合一する体験を指す言葉だといいます。そして、そこでは「わたし」という輪郭は消滅し、同時にあらゆる概念もなくなるというのです。平たく言うなら、「悟り」に至ることなのでしょう。それが、どうしてこれと対極にあるとも思える言葉に転用されることになったのか不思議としか言いようがありません。
 玄侑氏は、人間はある年齢から「同じ」という概念で様々な物事を括るようになると言います。そして、そもそも普通名詞というのは人間のその性質の上に成立していると指摘しています。例えば「動物」という普通名詞がありますが、イヌとネコ、ウマとヒツジなど、その種類も姿も性質もまったく違うのに、それらを「同じもの」として「動物」という概念で括ってしまうということなのだと思われます。
 いくつもの個別の事物や事象を共通の言葉で括るのは、すべて私たちの脳の働きによるものです。それが概念化という行為です。概念化は、私たちが現実生活を送る上で必要なことではあります。しかし、それは私たちの脳が実体の中の極一部の性質や形状を取り出し、人間にだけ通用する共通の認識を作り上げているに過ぎないということを忘れてはならないと思います。概念化というのは実体からの遊離です。その意味では、美しい、醜い、美味しい、不味いなどの形容詞も、さらに概念度が高くなるのでしょう。(以下、②/③につづく)
56-5 養老の滝 
※クリックすると拡大して見られます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/575-7087ad97
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top