2017
04.15

人を木に変える ①/④

Category: 未分類
middle_1264394835.jpg [隠元禅師]
 日本黄檗宗(おうばくしゅう)の宗祖であり、宇治・万福寺(まんぷくじ)の開山である隠元禅師(いんげんぜんじ)京都・妙心寺にまつわる興味深い逸話が残されています。
 隠元禅師(以下、隠元とします)は、江戸時代の初期、招かれて明国から日本に渡来します。禅の本場から名僧が渡来したというので、禅宗の僧たちの間には隠元ブームが巻き起こり、それは幕府のもとにも達します。やがて隠元は、将軍徳川家綱の帰依を受け、宇治に黄檗山万福寺を開きます。
 隠元が京都に来たときのことです。隠元は、禅宗各派の本山を訪ね、それぞれの開山禅師(その寺の最初の住職)の語録(「悟り」の境地を表したを言葉)の開示を求めます。
 妙心寺もその本山の一つでした。禅宗に限らず、仏教史に名高い高僧たちは、語録や墨跡(ぼくせき)(自らが記した文字)、肖像画を残すことが多いものです。とりわけ特定の本尊を持たない禅宗の場合は、それらが大切され、崇拝の対象になります。
 ところが、妙心寺の開山である関山慧玄(かんざんえげん)禅師(以下、関山とします)には語録がありません。それには、特異な理由がありました。
 関山は、自分の足跡を残さなかった稀な禅僧の一人でした。正確には、足跡を残すことを徹底的に排除したというのが本当のようです。禅師は、生前から弟子たちに自らの足跡を後世に残さぬよう、厳しく言い渡していたのです。
 しかし、事情はどうあれ、語録のないような者がどうして一派の開祖になれるのかと突っ込まれたら、妙心寺一派は、隠元に抹殺され、場合によっては乗っ取られてしまうところでもありました。
 そのとき住職をしていたのは、愚堂禅師(ぐどうぜんじ)でした。愚堂禅師は隠元に答えました。「関山国師には語録はありませんが、たった一つ言葉が残っています。『庭前の柏樹子の話に賊機あり』(庭前柏樹子という話の中には大泥棒のような恐ろしい根性)とおっしゃっています」と。
 これはこれでたいへん不思議なやり取りではありますが、この話について関山の見解に触れた隠元は感嘆、平伏し、「この一語は、各本山の語録に勝ること百千万倍なり」と言って、関山の墓所を三拝して、妙心寺を下がったというです。
 ちなみに、これは禅問答集『無門関』の第37則がもとになっています。次のような短いやり取りです。
 ある僧が趙州禅師(唐代に活躍した高僧、以下、趙州とします)に「達磨大師がはるばるインドから中国まで来られたその意図はどこにあったのでしょうか〈如何なるか是、祖始西来意(いかなるかこれ そしせいらいのい)〉」と尋ねると、趙州は「庭先にある柏樹子だ〈庭前の柏樹子(ていぜんのはくじゅし)〉」と答えたと。 
 趙州と僧とのやり取り、そして関山の残した一語に対する隠元の行動、いずれもたいへん不思議な話ではあります。いったい、どのように理解したらよいのでしょうか。

(以下、②/④につづく)

56-1.jpg
※クリックすると拡大して見られます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/571-299a29f6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top