2017
04.03

アドラーの心理学から④/⑤

Category: 未分類
social-interest-1024x768.jpg 

 アドラーの言葉の中に「自分自身の幸福と人類の幸福のためにもっとも貢献するのは共同体感覚である」という言葉がありました。先にも記したように「共同体感覚」とは、「他の人の目で見て、他の人の耳で聞き、他の人の心で感じること」です。
 だとするなら、この理論は「利他即自利」あるいは「自他利行」という大乗仏教の根本理念にそっくり重なります。自分のことは後回しにし、相手が喜ぶようにしようとすることが、結局は自分自身のためになるという考え方です。「情けは人のためならず」という諺もこれに通じるものでしょう。他者を「仲間」と見て、他者に貢献することで自分の価値を確認でき、自己受容できるようになるというアドラーの主張もそのことを述べたものだと思われます。
 また、「われわれは他者と結びついて生きている。人間は、個人としては弱く限界があるので、一人では自分の目標を達成することができない」 という言葉からは、「諸法無我」という言葉が連想されます。「諸法無我」は、一切の現象や存在には「我」と呼べるような実体がないということですが、それはあらゆる事物が、無限の関係性の中にあるということでもあります。つまり、人間を含む森羅万象が互いに助け・助けられ、支え・支えられという関係の中にあり、固定的な実体はないということです。
 「優越性の追求」においてアドラーが求める、他者を競争すべき「敵」から、協力して生きる「仲間」へと意識転換するときに役立つのは、この「諸法無我」に類する思想と言えるのではないでしょうか。
 さらに、アドラーは共同体という概念について「共同体とは、(中略)、過去、現在、未来の全ての人類、さらには生きているものも、生きていないものも含めた、この宇宙全体を指している」と述べています。
 その言葉に「自他一如」あるいは「万物と我と一体」「天地と我と同根」という仏教思想を思い起こすのは私だけはないと思います。
 「山川国土悉皆成仏」、これが釈迦の悟りだったとされます。釈迦は、長年にわたる苦行の末、一切の生きとし生けるものに仏が宿っていることを覚知しました。仏であるという一点において全てのものが平等であり、一つであるということです。全てを「一人称」で捉える世界観です。いわゆる「自他一如」です。「利他即自利」あるいは「自他利行」など大乗仏教で尊ばれる実践行は、この理念から派生してくるものです。(以下、⑤/⑤につづく)

55-7.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/568-57fd09a1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top