2017
03.26

アドラーの心理学から②/⑤

Category: 未分類

c03f3a39c43d4a25f1eadffdee28b45d.jpg 
テキストには、この引用文の後に次のような記述がありました。
 人間が抱える問題は、自分のことだけを考えて生きているという点にある―。その自分にしか向けられない関心を他者に向けていく―。そして他者を競争すべき「敵」でなく、協力して生きる「仲間」と思えるようになれば、誰かの役に立ちたいと言う気持ちが生まれてくる―。こうした他者を「仲間」だと意識することを、アドラーは「共同体感覚」と呼んだ―。
 アドラー心理学によれば、対人関係の中で悩みを抱えている人にとって、他者は自らを陥れようとする怖い存在だとされます。他者と関わることで摩擦や軋轢が生まれるため、それを避けるために他者と関わりを断とうとする心理が働くというわけです。他者を「敵」と見なす心の動きは、ここから生じるというわけです。
 しかし、生きる喜びも幸せも、対人関係の中でしか得ることができません。そこで、他者に対する見方を転換する必要があります。具体的には、他者を「敵」でなく「仲間」と見ていくということですが、そのためにアドラーが発見、提唱したのが「共同体感覚」という理論です。
 アドラーは、「共同体感覚」について次のように述べています。
 われわれのまわりには他者がいる。そしてわれわれは他者と結びついて生きている。人間は、個人としては弱く限界があるので、一人では自分の目標を達成することができない。(略)そこで人は、弱さ、欠点、限界のために、いつも他者と結びついているのである。自分自身の幸福と人類の幸福のためにもっとも貢献するのは共同体感覚である。
 「他の人の目で見て、他の人の耳で聞き、他の人の心で感じる」ように努めること、これが「共同体感覚」の一つの定義であるとありました。他者を「仲間」と見る人は、他者に貢献でき、そのことの貢献感が自分への価値観を高めることになるという理屈です。そうすれば、対人関係の中に勇気をもって入って行くことができるというわけです。(以下、③/⑤につづく)

55-5.jpg
※クリックすると拡大して見られます。

 
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/566-4317a1f3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top