2016
12.01

“いのち”の引っこし②/④

Category: 未分類
0200.jpg
 以前、本ブログでも紹介したように、禅には、「無情説法(むじょうせっぽう)と称して、動物や植物の生き方、あるいは山や川(水)、月などの在り方から多くを学び取ろうとする考え方があります。「無情」とは「心」をもたないものたちの総称です。そして、この場合の「心」は「私心(我欲・我執)」と同義です。「私心」から離れて在ることを『悟り』と定義するなら、これらのものたちは、すでに悟っており、そのまま(の姿)で仏ということになります。また、迷うことも、間違うこともないという理屈になります。したがって、「無情説法」を聴くということは、これら無情のものたちが示す生き方、在り方の真実や真理から、私たち人間が積極的に学び取っていくことに他なりません。                
  この思想に習うなら、この老犀の説く声なき説法が、私たちに何を伝えようとしているかは明らかだと思います。
 仏教の世界観を特徴づける言葉として「色即是空(しきそくぜくう
)」、つまりこの世のあらゆる有形物は無形物に変化するという思想がありますが、それをもう少し段階的に説明したものに「成住壊空(じょうじゅうえくう)」があります。
 『成』は、世に生を受けることで、成長する過程も含みます。『住』は、活動する状態です。『壊』は、死を意味します。死に至る病気の過程なども含まれるともされます。『空』は、死んだ後に宇宙にとけ込んでいる状態です。
 この世のあらゆるものは生まれ、しばらくの間、その形をとどめる…、しかしやがては壊れ、形のない状態になる…、そして、それは永遠に繰り返される…。これが「成住壊空」という世界観です。

 この話に接し、かつて話題になったある絵本のことを思い出しました。アメリカの著名な哲学者であるレオ・バスカーリア博士が書いた生涯でただ一冊の絵本「葉っぱのフレディ」です。ご存じの読者も多いかと思いますが、ここでもう一度読み味わいたいと思います。
 春に生まれた〈葉っぱのフレディ〉は、物知りのダニエルから、自分たちのことや季節のこと、いろいろなことを教わりながら、夏の間、楽しく過ごします。しかし、秋が終わり、霜がやって来る頃になると死が近づいてきます。
 以下、原文のまま掲載します(みらいなな 訳)。(以下、③/④につづく)
52-3.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/557-1b9d5480
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top