2017
01.01

「飾り餅」と「七福神」①/②

Category: 未分類
 新年、明けましておめでとうございます。
 つたない内容ではありますが、本年も、ブログ「無相の水」をどうぞよろしくお願いいたします。
 02C008A0174.jpg 
 さて、正月と言えば、定番の一つとして門松(松飾り)を思い浮かべる読者も多いと思います。私が子どものころには、多くの家で門松が立てられたものでしたが、最近は神社や寺院などでしか見られないようになりました。これも時代の流れなのかも知れませんが、私のように古い人間は、やはり寂しさを感じてしまいます。
 ところで、門松について興味深い事実を知りました。以下、『四季の公案(しきのこうあん』(玄侑宗久著)という書籍の中にあった話をもとに紹介したいと思います。
 松には「待つ」の意味があるというのです。では何を待つのか。それは「歳徳神(としとくじん)」と呼ばれる神様であるとのことでした。辞書によると「その年の福徳をつかさどる神。この神の在る方角を明(あき)の方または恵方(えほう)といい、万事に吉とする神」とありました。「歳神様(としがみさま)という言い方もあるようです。
 その「歳徳神」が降臨するとき、よりどころになる木、つまり神を待つ木が松であるということです。人々は、お正月になるとこの「歳徳神」を門松でお迎えするというわけです。
 では、降臨した「歳徳神」を人々はどのように迎え、もてなしたのでしょうか。先ず思い浮かぶのは、餅を供えることではないでしょうか。
 最近では杵や臼を使った餅つきもあまり見られないようになりましたが、その昔、我が家で餅つきをしていた頃、餅つきは一年のうちの一大行事でした。
 前日の夜、餅ち米を研いで水につけ、杵も水に浸す―。当日の朝、餅米を蒸し、米蒸し上がると、臼へ餅米を入れる―。始めにつぶし(杵を使い、体重をかけて米粒をつぶす)、米がつぶれたら杵つきと手返し、途中に餅全体を持ち上げひっくり返す―。そしてつき上がりと同時にのし餅やあんころ餅づくり―。
 思えばたいへんな準備と労力です。どの家庭でも、餅つきは、家族の共同作業で行われたはずです。このようにしてつかれた餅は、恭(うやうや)しく神棚、あるいは仏壇に供えられたのだと思います。
 その意味では、餅は家族の“和合”の証であったということです。玄侑氏は、神仏にとって「人間の和合が一番のご馳走である」とも述べています。“和合”の証を神仏に供える一大行事が餅つきであったということです。そして、それが「歳徳神」へのおもてなしでもあったということです。実に含蓄のある指摘だと思います。(以下、②/②へつづく)

 
53-2.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/543-4759c1fe
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top