2016
11.03

大夢俄に遷る ②/③

Category: 未分類
 d79be758b09debe18277c1e4e04c197f (2)[荘子]
 ところが、あるとき荘子(そうじ )の思想に触れる機会があり、その著作の中にたいへん興味深い内容があることを知りました。
 ちなみに荘子は、紀元前3世紀頃、中国の戦国時代に活躍した人物で、今の河南省に生まれ、老子から大きな影響を受けたとされる思想家です。名前を周といったようです。
 『荘子』という書物の中にある「胡蝶(こちょう)の夢」という話を、臨済宗の僧侶で作家でもある玄侑宗久著「荘子と遊ぶ」から紹介したいと思います。
 自分が蝶になってひらひら愉しく飛んでいる体験をしたとき、人はとうぜんのことだが夢だと思うだろう。荘周(荘子のこと)も「夢に胡蝶となる」のだと最初は思った。しかしどう思い返しても、そのとき自分は蝶の「志」になりきって楽しく飛んでいた。そしてふと目覚めると、(夢の中にいたのは)まぎれもなく荘周だった。
 少し分かりにくいので、著者である玄侑氏の言葉を一部紹介します。
 「夢というのは、常に覚めた時点で過去の時間に対して下す判断である。その場合、あくまでも「今」を「現(うつつ」とみなしているわけだが、この「今」からも目覚めてしまうことだってあり得るのではないか。そうなると、もしかしたら今の荘周(自身)が、蝶の見ている夢かも知れない。そうじゃないという保証は何もない。(以下略)」
 「夢」と「現実」とが全く逆の場合もあり得るという主張です。先に紹介した「大夢俄に遷る」という禅の世界観とも非常によく似ており、たいへん興味をひかれます。直ちに受け入れることはできないかと思いますが、傾聴には値するのではないでしょうか。
 また、中国に仏教(とりわけ禅)が伝わったのは紀元1世紀頃、禅宗の開祖である達磨大師の渡来が6世紀ころと推定されていますので、それよりもはるか前に、禅の思想に連なる思想が中国にあったことにも驚かされます。
 そこで、この「夢」と「現実」の問題について、いつものように独りよがりな思索をしてみます。
 冒頭で、禅語「大夢俄に遷る」には“亡くなる”という意味があると紹介しましたが、「夢」から覚めれば「現実」に戻るわけですから、亡くなった後が「現実」であることになります。ところが、“亡くなる”ということは、生まれる前の状態に戻ることでもありますから、私たちが生まれる前と後が「現実」であり、生まれてからは「夢」に過ぎなくなります。
 飛躍が過ぎるかも知れませんが、もうしばらくお付き合いいだだきたいと思います。
 人類(ホモサピエンス)の起源は約20万年前とされます。その前の猿人(ピテカントロプスなど)なら約100万年前、生命の起源ということになれば約40億年前、さらに地球の起源ともなれば約46億年前とされます。また、“ビッグバン”まで遡れば、約138億年前ということにもなります。まさに天文学的な時間の流れの中に「今」があることになります。(以下、③/③につづく)
51-5.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。





スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/529-8e256e0c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top