2016
10.02

「瓦を磨く」①/③

Category: 未分類
6065bc99ba96b7337e84b6c8ce578be5.jpg 
 『無門関(むもんかん』と並んでよく知られる禅問答集に『碧巌録(へきがんろく)』「馬大師不安(ばだいしふあん)」という則があります。「南嶽磨磚(なんがくせんま)」という逸話としても伝わる問答で、臨済宗の法脈上の源流を形成した南嶽懐譲(なんがくえじょう)禅師と馬祖道一(ばそどういつ)禅師のやり取りがもとになっています。ちなみに、このやり取りの後、馬祖禅師は南嶽禅師の弟子となったと伝わっています。
 馬祖禅師(以下、馬祖とします)が坐禅の修行をしていたとき、南嶽禅師(以下、南嶽とします)が問いかけました。
「大徳(馬祖のこと)よ。坐禅をして何を図っているのか。」
「仏になろうと思います。」
すると南嶽は、かたわらにあった瓦を一枚手にして、馬祖の前で磨き始めました。それを見た馬祖が尋ねました。
「瓦を磨いてどうするのですか。」
「磨いて鏡にしようと思う。」
馬祖は言いました。
「瓦を磨いても鏡にはならないでしょう。」
それを聞いた南嶽は、次のように言いました。
「瓦を磨いて鏡にならなければ、坐禅をしてどうして仏になることができるのか。」
馬祖は当惑して尋ねました。
「では、どうしたらよいのですか?」
南嶽は言いました。
「もし牛に車をつけたとしよう。車が動かないとき、車を打てばいいか、牛を打てばいいか?」
「それは、牛を打ちます。」
南嶽は言いました。
「そうだろう。車を打っても車は動かん。人間も身体を座らせたからといって、仏になれるはずがない。問題は心だ。」
 そう言われた馬祖は、ようやく自らの非を悟り、南嶽の弟子にとなって修行のし直しをしました。

 読者は、このやり取りをどのように受け止められるでしょうか。
 まず前半の「瓦を磨いても鏡にはならない」という件ですが、これは瓦には瓦としての役割があり、鏡には鏡としての役割があることを説いたものであり、よく理解できるのではないでしょうか。瓦は鏡になれません。鏡も瓦にはなれません。それぞれに素晴らしい価値があり、それぞれに尊いということを説いたものだと思われます。
 問題は、後半の件です。坐禅して仏になろうとしていた馬祖に対して、南嶽は、「坐禅しても仏にはなれない」と突っぱねました。そして、牛と車の例え話を持ち込み、馬祖にその行為の非を知らしめました。これが禅問答の要点だと思われます。(以下、②/③につづく)

50-6.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/521-d2f2681a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top