2017
08.05

心とは何か?②/⑤

Category: 未分類
2 
 では、『般若心経』が、心は「無い」と述べていることをどう理解すればよいのでしょうか。以下は、私見です。
  西村恵信氏(禅文化研究所所長・花園大学名誉教授)は、その著書『坐る』の中で次のように述べています。
 あえて言うならば、心というものは、肉体に開いている六個の窓、つまり眼・耳・鼻・舌・身・意という六つの感覚器官(六根)が、色・声・香・味・触・法(六境)という対象と(出会って)「縁」を結ぶことによって起こる、一瞬一瞬の直接経験であります。
 私たちは、ときとして心が躍ったり、心が弾んだりすることがあります。また、逆に心がくじけたり、心が沈んだり、あるいは心が荒んだりすることもあります。しかし、いずれも一瞬にして起こる感情であり、時間が経てばやがては消えてしまいます。言うならば、そのときどきに生滅を繰り返す夢、幻のようなものが心です。
 『般若心経』で心が「無い」というのは、心に実体が「無い」ということを言ったものではないでしょうか。その経文の中に「無眼耳鼻舌身意」という文言もあるように、見ることも、聞くことも、嗅ぐことも、味わうことも、触れることもできないものが心の特質ではないかと思うのです。つまりは心に真の姿は「無い」ということです。私たちは、よくよくこのことを了解しておく必要があるのだろうと思うのです。
 ただ、こんなことを言うと、次のような反論があるかも知れません。先に例に挙げた料理やマフラー、バラの花には、実体があるではないか…、これらには形も、香りも、味も、肌触りもあるのだから、これこそが心の本体と言えるのではないか…と。
 しかし、よく考えなければなりません。これらのものも永遠にその姿、味、香り、肌触りなどを留めておくものではありません。時間の経過とともにその様相は変化し、いずれは消滅していきます。あらゆる有形物は、「諸行無常」という摂理から逃れることはできません。したがって、この場合にも実体と呼べるものは「無い」ことになります。これが釈迦の解き明かした冷徹な真理です。(以下、③/⑤につづく)
50-2 
※クリックすると拡大して見られます。





スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/517-a166b5da
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top