2016
07.02

時間が経てば腹が減る①/④

Category: 未分類
1 [中国・臨済院]
 臨済宗の宗祖、臨済義玄禅師の言行をまとめた『臨済録』に、かねてから気になっている文言があります。
 師、衆に示して曰く、道流(どうる)、仏法は、用功(ようこう)の処(ところ)無し。祇(た)だ是れ平常無事(びょうじょうぶじ)。屙屎送尿(あしそうにょう、著衣喫飯(じゃくえきっぱん)、(こん)じ来たれば即ち臥(が)す。愚人(ぐじん)は我を笑う。智は乃(すなわ)ち焉(これ)を知る。
 山田無文老師(昭和に活躍した臨済宗の高僧)の解説を見てみたいと思います。
 仏法というのは、とくに努力するべきものではないのだ。…悟りが開けるまでは努力をしなければならんが、悟りが開けてしまえば、もう努力することもない。そこまで行かないと本物ではない。…
 悟りが開けたらもう努力することはない。ただ当たり前でいいのじゃ。この当たり前がすばらしい当たり前だと気づかねばいかん。…
 糞を垂れたかったら垂れたらいい。小便がしたかったら小便したらいい。当たり前だ、当たり前だけれども、これができんようになったら、人間おしまいだ。…
 朝起きたら着物を着て、ご飯を頂戴する。くたびれたら横になって寝る。それだけだ。…
 こんなことを言うと、社会の人は笑うだろう。なあんだ、十年も禅をして修行せんでもいいじゃないか。悟りの開けんものはこういって笑うかも知れんが、分かっておる人にはそうだ、そこだと分かるのである。

 修行僧に向けた提唱(講話)ですので、文中に尾籠な表現も含まれていますが、どうぞお許しください。
 さて、臨済禅師の言葉ですが、私がとりわけ気になるのが、「屙屎送尿、著衣喫飯、困じきたれば即ち臥す」という部分です。無文老師の解説を頼りにすれば、意味そのものは分かります。食事をしたり、トイレに行ったり、寝たりという、ごく当たり前のことを述べたものだと思います。ところが、前後の脈絡からすると、それが仏法に叶った在り方だというわけですから不思議なことです。食事をすること、トイレに行くこと、寝ることが、仏法とどのような関係にあるというのでしょうか。
 また、周知のとおり、大乗仏教の最も根本的な意義は「衆生済度(しゅじょうさいど)」にあるわけですが、これらのことを当たり前と気づくことが、人々を迷いから救い、悟りに導くことと、どのように結びつくのでしょうか。疑問は増すばかりです。(以下、②/④につづく)
48-1聚楽園 
※クリックすると拡大して見られます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/498-8f4f8f9d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top