2016
06.04

“角成らず”で勝つ ③/④

Category: 未分類
4 (2)

 この解説も難解ではありますが、平易に言うなら、次のようなことかと思われます。
 「平常心(あたりまえの心)」というのは、相対・差別の世界の中にあって、それを超越した境地のことであり、そこから流れる水のごとくに生まれる智恵に随って生きることで、本当の「道」開かれてくる…。一つの道に向かってああいこうか、こういこうかを思い、迷うこと自体が誤りであり、そのような在り方の中からは、決して本当の「道」は開かれない…。 
 そこで、将棋の話に戻ります。永瀬六段がコンピュータに勝利できたのは、まさに「平常心」で臨んだからではないでしょうか。
 将棋には定跡というものがあります。辞書で調べてみると、「長年の研究によって、双方ともに最善とされる、決まった形の指し方」とありました。あの手かこの手かと選択のプロセスを積み上げ、お互いが最善と考えられる一連の手のことです。いわば戦法をマニュアル化したものです。相対世界の典型とも言うべき将棋の世界にあって、定跡の構築は避けて通れないプロセスと言っていいでしょう。
 永瀬六段と対戦したコンピュータは、ありとあらゆる定跡をインプットされ、その膨大な情報を駆使して対局に臨みました。ところが、それにもかかわらず、“角ならず”という奇手に対応できず、「王手放棄」という反則で、あえなく敗北しました。言うまでもなく、そこに“定跡外れ”という想定外のことが起きたからです。
 南泉禅師の示した「平常心」というのは、差別・相対性を乗り越えたところから生まれる心であり智恵です。定跡にこだわることなく“角ならず”という奇手、いえ“妙手”を繰り出した永瀬六段は、まさに南泉禅師の示した「道」を見い出したと言えるのではないでしょうか。
 想定外といえば、東日本大震災の発生直後から、国政や企業の責任者、さらには学者などが盛んに口した言葉でした。体裁のよい言葉ではありますが、稀有な自然災害に対する備えの不十分さを自ら暴露したようなものであり、それが「言い訳」の意味を持つことは、子どもでも理解できることでしょう。(以下、④/④につづく)

47-2 
※クリックすると拡大して見られます。



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/491-d2ea19a6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top