2015
08.03

竹が割れた ②/④

Category: 未分類
SDsW1oz.jpg [富山大空襲の画像]
 では、「雪を払い落としながら倒れていった竹」を見ていた「私」とは、いったい何に喩えることができるでしょう。
 私見ではありますが、それは現在を生きる私たち自身ではないかと思うのです。
 日本は、終戦後の混乱期をたくましく生き抜き、見事な復興と成長を遂げてきました。そして、世界を驚嘆させるほどの繁栄の一時期も歩んできました。しかし、現在の日本の姿に、以前のような輝きはありません。明らかに陰りが見えます。景気、雇用、少子高齢化、年金、医療、税金など、様々な問題が不安要素として浮かび上がり、人々の間には不平や不満の声が多く聞かれるようになりました。                     
 ただ、そうではあっても、戦争で犠牲になった人々に思いを馳せるとき、別な感慨が沸き上がってきます。端的に言うなら、これらの社会問題や個人的な不平、不満も、所詮は平時下での労苦であり、直ちに、私たちの命を脅かされるほどのものではないということです。
 以前にも紹介したことがありましたが(「生かされて伝える」を参照)、奈良薬師寺の元管主 高田好胤(たかだこういん)氏は書籍『観音経法話』(偈頌の巻)の中でに次のように述べています。
 厳粛な死ということ自体こそ、最大の遺産であると申し上げたいのです。…それをどのように受け止めて生かしていくのか、…その中から、親が子が、そして夫が妻が残してくれた人生が、自分自身の中に誕生してくれるはずです。
 戦争で犠牲になった多くの人々が残した人生は、今を生きる私たち自身の中に生きているという指摘です。たいへん重い言葉だと思います。
 「雪を払い落としながら倒れていった竹」を見ていた「私」を、現在を生きる自分自身と一体化して捉えるなら、今、私たちが抱えている個人的な不平や不満、恨みや辛みなどは、取るに足らぬもの言えるのかも知れません。
 もちろん、戦争中、戦争直後に人々が味わった労苦と今のそれとは、次元の異なるものです。単純な比較が不適切であることはよく承知をしています。しかし、私たちは、個人的な不平や不満を口にする前に、戦争によって図らずも落命という運命をたどった多くの人々のことに深く思いを致すべきではないかと思うのです。ちなみに、蛇足ではありますが、私は、戦後生まれです。(以下、③/④につづく)

38-4 
※クリックすると拡大して見られます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/467-f0ea21bc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top