2015
12.03

良寛さんの「鍋」③/⑤

Category: 未分類

eab619fba24a1ea828eebee4f54a138f.jpg 
 有名な玄奘三蔵(三蔵法師)がインドからもたらした法相宗(ほっそうしゅう)の教義の中に「一水四見(いっすいしけん)という喩えがあります。法相宗では、世の中のあらゆるものは、心の働きが生み出すと説くのですが、「水」について次のような喩えをします。
 「水」は、①人間にとっては単にとしてしか見えませんが、②魚には自らの棲みかと見え、③天人(神)には瑠璃の大地と見え、さらに④餓鬼(がき)には膿や血に見えるというのです。
 天人と餓鬼については、次のように補足説明されます。
 曰わく、天人は身が軽く、「水」の上を自由に歩けるので、青色の宝石を張った大地のように見え、餓鬼はその業によって「水」に親しむことができないので、膿や血のように見えると。
 同じものを見ても、それに触れる人によって意味するところは異なるものです。「一水四見」は、そのことを、仏教的な視点から喩えたものだと思います。また、私たちが同じものを見た場合にも、そのときの気分や置かれた状況によって、受けとめ方は変わってきます。
 このように、私たちが認識する世界は、外界そのものではなく、認識するときの心の働きによって生み出されます。つまりは、物には固定的な実体はないということです。その意味では、「水」も「空」であるということです。
 しかし、これを読んだ読者から、次のような疑問が生まれるかも知れません。良寛さんの「鍋」に固定的な実体はないことは認めるとしても、仮に「鍋」とされる、おそらくは鉄でできた半球状の容器があることは実体として認められるのではないか、と。
 もっともな疑問だと思います。たしかに鉄製と思われる半球状の容器はあります。しかし、「鉄」というものは、固定的な実体としてあるのでしょうか。また、「半球」は、どうでしょうか。そして、「容器」は、どうでしょうか。

 いつも引用する禅問答集『無門関』に「奚仲造車(けいちゅうぞうしゃ)という、面白い則があります。奚仲というのは、その昔、中国にあって、馬車の発明家とされる人物です。
 中国で車というものが発明されたときは、手押し車のような一輪車であったようですが、その後、人間が引く二輪車、牛に曳かせる牛車、そして馬に曳かせる「馬車」というように改良が加えられたのですが、奚仲というのは、この「馬車」の発明者とされる人です。その奚仲にまつわる、次のような話です。(以下、④/⑤につづく)
41-8 
※クリックすると拡大してして見られます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/434-b7f71d0b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top