2015
11.01

「たてまえ」と「ほんね」の間で ①/⑤

Category: 未分類

lesson_gif.gif
 中央教育審議会(中教審)が、現在は教科外活動とされている小中学校の道徳を正式な教科とすることを決めるように文部科学相に答申したというニュースが報道されました。文科省は2018年度の教科化を目指しているようです。
 道徳は、現在、教科に含まれていません。そのために、教科書はなく、評価も行われていません。したがって、通知票にも表記はありません。 
 正式な教科になれば、検定教科書が使われることになり、評価が行われ、通知票にも何らかの表記がなされることになると思われる。大きな変更であり、教育現場にあってはかなり混乱があると予想されます。
 この変更はどのような理由からなのでしょうか。最大の理由は道徳教育の充実を図ることにあることはいうまでもありませんが、裏を返せば、道徳の指導がいかに難しいかということを示すものではないかと思うのです。とりわけ、週1回行われる「道徳の時間」の扱いが問題になるのだと思います。
 教育現場では、指導する先生によって、この時間の進め方にかなりの温度差があるのも事実です。もちろん、一生懸命に取り組んでいる先生もありますが、その一方で、教科(国語や算数など)に重きを置き、「道徳の時間」を軽視する傾向も否めません。用意された副読本を読むだけ、NHKで放送されている道徳番組を見せるだけといった指導の実態もあります。あるいは他の教科の指導に振り替えたりする場合さえもあります(恥ずかしいのですが、これは若かりし頃の私自身の体験でもあるのです)。
 このように、現場の先生の意識の問題が大きいのかと思うのですが、一方で、指導方法についての研究も不十分なのだろうと思います。「道徳の時間」の授業の実際について私見を述べてみたいと思います。
 「道徳の時間」では、一連のプロセスの中で、「たてまえ」と「ほんね」との葛藤場面を上手につくり出すことが授業の成功の鍵とされます。「たてまえ」とは、表向きの方針、「ほんね」とは、本心から出たことば。たてまえを取り除いた本当の気持です。

 ここで、少し長くなりますが「道徳の時間」の授業展開例を一つ紹介したいと思います。「たてまえ」と「ほんね」を引き出し、葛藤させることで、道徳的な価値(家族愛)に気づかせることをねらった小学校の低学年の授業の例です。
 ちなみに、子どもたちに発言を引き出すための問いかけを「発問(はつもん)と呼びます。「道徳の時間」では多くの場合、読み物資料を提示し、その中の主人公の心情の変化を追うパターンで授業が進められます。
 今回、紹介する授業も、主人公である「ぼく」の気持ちを問いかける方法で進められています。子どもたちは、変化する「ぼく」に自分の気持ちに重ね合わせながら、考えを深めていくことになります。(以下、②/③につづく)

41-1
※クリックすると拡大して見られます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/427-91f9a9a2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top