2015
10.04

「『観音の力』を念じる」⑥/⑥

Category: 未分類


6.jpg 
 こうして読み味わってくると、その他の頌で語られる七難についても、それらは、ことごとく自分自身の心の中に生じる災難であるというように思えてこないでしょうか。紙面の関係で、一部の内容についてしか触れることはできませんが、『観音経』に語られている火難、水難、風難、刀杖難、鬼難、枷鎖難、怨賊難の七難も、結局は、私たちの煩悩の有り様を喩えたものであるということです。
 それらの災難を自分自身の問題として受け止めることができれば、私たちはそれを乗り越えるチャンスを与えられるのではないでしょうか。
 どのような災難に遭遇しても、「諸行無常」(永遠の転変性)と「諸法無我」(無限の関係性)の中を生きているという真理にさえ目覚めていれば、“仏”のように広く、大きく、深く受け止められるようになり、心が軽く、楽になる…。これが、『観音経』が伝えようとする真意なのではないでしょうか。それが、心の奥に宿る「観音菩薩」の存在に気づくことなのだと思うのです。
 その昔、釈迦は、愛弟子の阿難尊者(あなんそんじゃ)から「あなたの死後、誰を頼りにすればよいのでしょうか?」という問いに対して「自灯明 法灯明」と答えたと伝えられています。
 「自灯明(じとうみょう
とは、「自らを拠り所にせよ」ということです。しかし、これは、決して自分勝手なふるまいをしてよいということではありません。宇宙の真理に随って生きなさいというアドバイスです。したがって、「拠り所となる自分」とは、この宇宙の真理に目覚めた自分のことであり、それこそが自らの中にいる“仏”ということなのだと思います。
 『観音経』には、真観しんかん:真実を見る眼清浄観しょうじょうかん:清らかな眼)広大智慧観こうだいちえかん:すべてを見通す眼悲観ひかん:あわれみの眼)、慈観じかん:慈しみの眼)という言葉が出てきます。そして、これが「観音菩薩」の備える救済の源となる力であると説明されます。
 外にある「観音菩薩」にすがって、救済を待つという方法もあるかとは思いますが、自己の奥裡に宿る「観音菩薩」の存在を信じ、その力を身につけようと努力していくこともたいへん尊いことだと思うのです。
 後者の方が難しいことなのかも知れません。しかし、今の私は敢えてそれを実践していきたいと考えているのですが、強がりが過ぎるでしょうか?(〆)


(参考文献)
 ある日の法話より「いろはにほへと」(横田南嶺)                          
 続「観音経」法話(高田好胤 )                        
 あらすじで読む「日本の仏様」(早速 侑)
 「お経の意味がよくわかる本」(鈴木永城)

40-3

※クリックすると拡大して見られます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/421-c0732d13
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top