2015
09.02

『風流』を考える①/③

Category: 未分類
18097 2

 突然ですが、“風流”という言葉を聞いてどのようなイメージを持つでしょうか。煩雑な日常生活に明け暮れている私たちにとって、あってあまり馴染みのない言葉ではあります。正直、ピンとこないという反応も多いかと思います。
 因みに、辞書(大辞林第三版)で調べてみると次のような説明がありました。
 ①おちついた優雅な趣のあること。みやびやかなこと。また、そのさま。風雅。
 ②詩歌・書画・茶など、俗を離れた趣のあるもの。
 ③美しく飾ること。意匠をこらすこと。また、その物など。

 読者の抱いているイメージと齟齬はなかったでしょうか。かく言う私などは、日没直後、東の空に浮かぶ丸い月を見て、「これを風流というのかなあ」と思う程度で、ふだんから“風流”とは縁遠い生活をしています。
 ところで禅にあってはこの“風流”という言葉は、これとはまったく異なる使い方をするようです。「風が流れる」という文字の通り、“風流”とは「ゆらぎ」のことだといいます。玄侑宗久氏(臨済宗の僧侶、作家)によれば、何でも禅僧たちは、「弁慶の泣き所をどこかにぶつけたような場合」、すぐさま次のように言うのだそうです。曰く、「“風流”だね」と(『禅的生活』ちくま新書)。
 不慣れなことに出会ったり、想定外の出来事に遭遇したりすると私たち凡夫の心は揺らぎます。玄侑氏の例をもとに展開するなら、
 「痛い!…」「誰がこんなところに○○を置いたのか?」「天敵の△氏の仕業かも?」「骨に異常はないだろうか?」「病院で診てもらった方がいいだろうか?」
などの感情がそれではないでしょうか。
 ところが禅によれば、人間には、このような心の「ゆらぎ」を楽しむことができる特別な能力があるといいます。そして、それこそは人間にだけできる最高の楽しみ方だともいいます。思い通りにならないことから生じる心の「ゆらぎ」をどのように楽しむというのでしょうか。
 禅でいう「ゆらぎ」というのは、心が揺れ動いている状態です。言葉を換えるなら、心が「六道」を輪廻(りんね)」している状態でしょう。「六道」とは、「天道(てんどう」「人道(じんどう」「阿修羅道(あしゅらどう」「畜生道(ちくしょうどう」「餓鬼道(がきどう」「地獄道(じごくどう」のことですが、いつも言うように、これは死後の世界のことを喩えたものではありません。現世を生きている私たちの心が、日々、この六つの道を迷い、巡っているという考え方です。(以下②/③につづく)
39-3 
※クリックすると拡大して見られます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/412-37ec84b7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top