2015
05.01

「“目に見えないもの”の働き」④/⑤

Category: 未分類
4
 仏教には「五観の偈(ごかんのげ)というのがあります。それは修行しているお坊さんたちが、食事をする前に唱えるものですが、それには次のような意味があるそうです。
 、この食事がどのようにしてできたかを考え、食事ができるまでの多くの働きに感謝をいたします。
 、自分の行いが、この食事をいただく価値があるかどうか反省します。
 、心を正しく保ち、あやまった行いを避けるために、欲ばる気持ちを起こさないことを誓います。
 、食事とは良い薬と同じであるので、身体を養い、正しい健康を得るためにめにいただきます。
 、今この食事をいただくのは、自分の道をなしとげるためです。

 「一」の「食事ができるまでの多くの働きに感謝をいたします」ということについて考えてみましょう。食事ができるまでには多くの人手が必要です。お米を例にしてみます。
 苗を作る人がいます。次に田んぼを作り、苗を植え、成長した稲を刈り取る人がいます。また、それぞれの仕事には、さまざまな機械が使われたりしますが、その機械を工場で作る人もいます。それに田んぼにはたくさん水が必要です。その水がしっかり流れるようにいつも気を配っている人がいます。刈り取った後、それをお米屋さんなどに運ぶ人がいます。こうして、できた米をお米屋さんから買ってきたお母さんが、みなさんに美味しいご飯を作ってくださるのです。
 けれども、この「食事ができるまでの多くの働き」というのは、決して人間の働きだけではないと思います。この他にも、太陽や空気、雨、土など大自然の働きも含まれるているはずです。大自然の働きがなくては一粒のお米もできません。
 また、「食事ができるまでの多くの働き」には、お米そのものが持っている働きも含まれると思うのです。お米にはお米の命があり、そこから生まれるお米本来の働きがあります。お米は一粒から、約500~1000粒くらいの新しいお米をつくることができるそうです。お米の一粒一粒に自分の子孫を増やすという、とても大切な命の働きがあるのです。でも、お米は人間に食べられてしまいます。
 お米にすればとても残念なことだと思います。悔しいことだと思います。でも、お米は、食べられることで、その命の働きは人間の命の働きに変わります。そのことは、肉や魚、野菜や果物なども同じです。食べられることで、それらの命は人間の体に移り、人間の命の働きに変わります。でも、それも命を奪うこと変わりはありません
(以下⑤/⑤につづく)   
35-7 

※クリックすると拡大して見られます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/410-7db83d3b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top