2015
03.02

「『葬式仏教』を考える」③/④

Category: 未分類
3

 松尾氏の著書「葬式仏教の誕生」には、『八幡愚童訓(乙)』に残されているものとして次のような話が紹介されていました。
  「最近、京都より仲蓮房(ちゅうれんぼう)という僧が、石清水八幡宮に参詣した。その際、鳥羽の小家の前で、若い女が激しく泣きながら立っていた。その様子には、悲しみの様があまりに見えたので、仲蓮房は、そばに立ち寄って「何事を嘆いておられるのですか」と尋ねた。女性は「私の母が、今朝亡くなったが、この身は女人で、独り身なので葬送の地に送る力もない。少しの財産もないので他人に依頼するすべもない(略)」と答えた。誠に心中かわいそうに思えて、「私にまかせなさい、葬送の地に運んで葬儀をしてあげましょう」と言って、家の中に入って母親の死体を背に負うて、葬儀地に運び葬儀を行った。この女人の喜ぶことは、、尋常ではなかった(以下略)」。
 この後、仲蓮房は、はからずも死穢に触れてしまったことを神の心に背くものとして恐れます。しかし、恐れつつもとにかく参詣します。ところが、参詣の後、夢の中に神社の宝殿から黒衣の八幡神(はちまんしん)が現れ、人を哀れむことは清浄心(しょうじょうしん)の現れであり、死穢はないと示すとともに、仲蓮房の行為を賞賛したというのです。
 「死」ということが、当時の人々の心にいかに重要な意味を持っていたかということがよく分かります。身内の「死」に際し、供養することなく、その遺体を放置することに忍び難さや後ろめたさを感じるのは、当然の心の動きです。それは死者に対する深い愛情の表れに他なりません。そして、時代の隔たりや社会構造の違いなどとは全く関係ありません。  
 「生」があれば「病」があり「老」があり、そしていずれは「死」があることは当然のことではあります。しかし、そうではあってもこの四つを並列に扱うこができないのが私たちです。「死」の持つ意味は、やはり決定的に大きいのだと思うのです。 
 それが「弔(とむら)う」という行為なのだと思います。身内の「死」に接したとき、自分たちには穢れた「死者」を供養する術がない…、かといってそのまま放置しておくことはとても耐え難く、忍び難い…、そんな民衆の叫びに応えたのが遁世僧だったということです。その意味では、「葬式仏教」は、遁世僧による民衆の救済、つまり「衆生済度(しゅじょうさいど)」という形をとって始まったというわけです。(以下、④/④につづく)

34-1 
※クリックすると拡大して見られます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/402-dc4beaf2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top