2015
07.04

「耳で見る 目で聞く」③/③

Category: 未分類

slide_316815_2906253_free.jpg  [テイク・ナット・ハン禅師]

 ベトナム人の著名な禅僧にテイク・ナット・ハンという方があります(以下、ハン禅師とします)。ハン禅師は、その著書『般若心経』の中で次のように語りかけているそうです。
「みなさんは、この一枚の紙に雲が見えますか」と。
 まるで禅問答のようですが、これには、次のような主旨があるようです。
 言うまでもなく、紙は樹木からできたものです。樹木は太陽の光を浴び、雨を受けて育ちます。その雨は雲から落ちてきます。そして、雲は海からの蒸気によってできます。また、樹木からの蒸散作用により作られる雲もあるはずです。つまり、一枚の紙も大自然の絶えざる循環の中にあるということです。
 また、これを拡大解釈するなら、樹木を切った人、それを運んだ人、それを紙の原料にするためのパルプにした人、それをもとに紙にした人、それを私たちの手元まで運んだ人等がいるはずです。手元にある一枚の紙も、このように実に様々な「縁」を結んで、ここにあるということになるでしょう。
 ところが、私たちは、ふだん、目の前にある紙をこのようには見ていません。「きれいな紙だな、文字は書けるだろうか…」、「折り紙にはなりそうだが、ティシュペーパーには使えそうもないな…」、「十枚買ったらいくらくらいするだろうか」等々、私たちの意識は、せいぜいこんなところに留まるのではないでしょうか。
  ハン禅師が伝えようとしていること、それは、私たちは、眼に見える世界の中にだけを生きているのではなく、見えない世界の中にも生きているという動かし難い真実なのではないでしょうか。「一即多」「多即一」「万物と我と一体」「天地と我と同根」…、私たち人間を含む森羅万象が、例外なくこの真実の中にあります。
しかし、私たちにはそれがなかなか見えません。

                                s0726kumo.jpg

 私たちが、無限大(さらには宇宙大)に広がる「縁」に結ばれた背景にまで眼を向けるためには、一度、眼をつむらないとそのものを感じられないのかも知れません。ハン禅師の問いかけも、大燈国師の和歌に込められたメッセージに共通するのだと思うのです。(〆) 

37-6  
※クリックすると拡大して見られます。

次回は、「達磨にヒゲはない」を掲載(4回配信)します。ぜひ、ご訪問ください。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/395-dd75de9e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top