2016
03.04

「心を始末する」②/⑤

Category: 未分類
EPSON020.jpg [六祖慧能禅師]

 慧能の師である五祖弘忍(ごそぐにん)禅師のもとには、700人もの修行僧が集まっていたと言います。因みに、弘忍禅師は、初祖達磨禅師からの法灯を守る高僧で、達磨から5代目に当たる人です。
 その弘忍禅師が、ある日、自らの継承者を決めるに当たって、門下の修行僧たちに、「自ら会得した境地を偈(詩)にして示せ」と告げます。
 修行僧の一人に、神秀(じんしゅう)という人がいました。五祖門下の中で最も優秀とされる人物で、誰からも後継者の最右翼だと見られていました。
 師からの要請に応え、神秀は次のような偈を作り、僧堂の壁に貼りり出しました。
 身は是れ菩提樹(ぼだいじゅ) 
 心は明鏡台(めいきょうだい)の如し 
 時々に勤めて払拭(ふっしょく)せよ
 塵埃(じんあい)を惹(ひ)かしむること莫(なか)れ

 概ね次のような意味になります。
 「この身は菩提(悟り)を宿す樹である。心は曇りも汚れもない鏡である。だからいつも精進して心を払い浄めなければならない。そのためには煩悩や妄想の塵や埃で汚さないことである。」
 出来栄えの素晴らしさに、この偈を見た誰もが、神秀こそ六祖にふさわしい人物であると確信しました。
 ところが、このときは、まだ一人前の修行者として認められていなかった新参の慧能がこの偈を見て、その傍に次のように書きます。
 菩提本(もと)樹無く
 明鏡も亦(また)台に非ず
 本来無一物(ほんらいむいちもつ)
 何れの処にか塵埃(じんあい)を惹(ひ)かん

 およそ、次のような意味になります。
 「神秀上座は、身を菩提樹、心を明鏡台とされたが、禅で言う空の世界・無の世界の世界には、もともと菩提(悟り)も無く、煩悩も無く、それを宿すような身も無い。また心の鏡も無い。『本来無一物』のはずである。それなのに、どうして塵や埃がつくことがあろうか、ましてや払ったり拭ったりする必要もないではないか。」
 最上座の神秀の偈を身分も最下位で、新参者の慧能が否定したわけですから、僧堂内は大混乱となります。
 しかし、その境地は慧能の方が優れているということを弘忍禅師が認めるところとなり、結局、慧能が禅宗六祖の地位を得ることとなったということです。(以下、③/⑤につづく)
 
44-6 
※クリックすると拡大して見られます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/381-8f177731
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top