2015
04.07

「二つ目の鏡」①/③

Category: 未分類
mirror.jpg 
 鏡を見ました。髪が少なくなり、シラガも増えました。シワも増えました。シミも増えました。昔の写真を思い出しながら、若い頃は、こんなではなかったのにとの思いが膨らみます。
 カツラをつけようか、それとも白髪染めをしようか、あるいは女性がするように顔に何かを塗ったりしてみようかとの思いが頭を過ぎることもあります。これらは、現実と理想とのギャップを埋めようとする心の働きと言えるでしょう。
 見方を変えれば、それは「苦悩する姿」そのものかも知れません。しかし、些末な苦悩ではありますが、これが生きるエネルギーに転化することも事実です。上昇欲と苦悩とは表裏一体をなすものだと思います。
 このように鏡は、時して「客観力」として働きます。髪も整えず、髭もはやし放題の状態で人前に出れば、相手に不快な思いをさせることは必定です。鏡を見ることで、そんな自分を客観的に眺めることで、調髪、髭剃りなどの行為に向かわせるのだと思います。
 もっとも、それは人間としての本質的な在り方に基づくものだと言えるでしょう。有史以来、人類は現実と理想のギャップの間に身を置きながらその歩を進めてきました。人類が紡いできた歴史は、心の鏡に照らしたとき映し出される現実の不満に対して、少しでも理想に近づけようとする努力の足跡でもありました。そして、人類が創造・蓄積した科学技術は、現実と理想のギャップを埋めるための手段として、その役割を果たしてきました。
  しかし、そこに一つの盲点があることを忘れてはならないと思うのです。先の例からも分かるように、現実を理想に近づける努力に苦悩が伴うことは周知のとおりです。ただ、それは、あくままでも私的なものに過ぎません。その昔、蒸気機関を発明したニューコメンや電灯を発明したエジソンなど、歴史的な発明家たちは、筆舌に尽くしがたいような苦労を味わっていますが、それらは、彼らの「私的な苦悩」に留まるものでした。
 しかし、科学技術の発展には、これとは別に、避けがたく大きな苦悩が伴う事実に目を向けなければならないと思うのです。現実と理想を二極として捉えた瞬間から生じる人間としての「本源的な苦悩」のことです。(以下、②/③につづく)
35-1 

※クリックすると拡大して見られます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/374-b5ea2aae
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top