2014
08.02

「お経で健康になる」③/③

Category: 未分類
mokugyo001.jpg 

 こんなことを言うと、経文の意味や内容の軽視につながるのではと思われる読者もあるかも知れません。しかし、経文そのものを陀羅尼(呪文)と捉えるなら、そこに記されている意味や内容を知ることは、明らかに第二義的なことになります。いえ、私の経験では、むしろ読誦中は、それを考えない方がよいと思います。そんなことをしていると読み違えをするのが落ちです。
 それに、意味や内容をあれこれ考えたりする自分こそが、玄侑氏の言う、解体すべき「私」なのではないでしょうか。私たちは、ともすると自分の都合に合わせてその文言を解釈し、理解・納得してしまう傾向があるものです。そのときの「私」こそは、病める凡夫の姿と重なるものだと思います。
 経文と一つとなって、ただ無心で読む…、読むことだけに専念する…。そして、そのとき読誦している主体は、「私」、つまり、○山△男ではないということです。
 では、読誦しているのは一体誰なのでしょうか?
 玄侑氏は、それを「からだ」「いのち」と言ってます。これを別な言い方をすれば「空」の力でしょう。ブログ「沈黙の愛情」(2014.5.30~6.3)の中で紹介した言葉を使うなら「その人」ということになるのでしょう(三寳寺(臨済宗妙心寺派)住職福山宗徳氏の随筆)。 
  いずれにしても、読誦というのは実に気持ちがいいものです。読後は、とても清々しい気持ちになります。それが「私」を忘れている時間だからだと思います。お坊さんたちは、お経を読むとき、いつもこんなにいい気持ちになっているのかと思うと、嫉妬心が湧くほどです。
 以上、読誦の効用ということを心の健康法という観点から眺めるとこんな理屈になるのかと思います。  

  先の座談会で、友人たちが、この話をどのように受け止めてくれたか定かではありませんが、思いの丈を披瀝するところとなりました。「空(くう)」の体得、「自他一如」の感得ということ考えるとき、公案への挑戦もその有力な手だてであると思いますが、読誦もその一つであると言えるのではないでしょうか。
 読者の皆さんも、短い経文を暗記され、読誦する体験をされてみたらどうでしょうか。(〆)
IMG_9867.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。

次回は、『願えば仏に』を掲載(3回配信)します。ぜひ、ご訪問ください。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/364-9cd90ddf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top