2014
10.01

「喫茶去」(お茶でも召し上がれ)②/③

Category: 未分類
220px-Zhaozhou_Congshen-Fozu_zhengzong_daoying37.jpg [趙州禅師像]

 趙州禅師(以下、禅師とします)のもとに一人の修行僧が教えを請いにやって来ました。禅師は、問いかけます。
「お前さんはこれまでに、ここに来たことがおありかな?」 
僧は答えます。
「はい、以前にも参りました」 
 禅師は言います。
「喫茶去」(さようか、ならばお茶でも一服おあがりなさい)
 またあるとき別の修行僧がやって来ます。
禅師は、同じように問いかけます。
「お前さんはこれまでに、ここに来たことがおありかな?」 
僧は答えます。
「いいえ、ここに来たことはありません」 
 禅師は、言います。
「喫茶去」(そうか、ならばお茶でも一服おあがりなさい)
 これを聞いていたこの寺の住職は
「和尚はここに来たことのある者にも、はじめての者にも同じことを言われますが、どういうわけなんですか?」
すると禅師は、これには答えず言います。
「喫茶去」(まあ、お茶でも一服召し上がれ)
 このときこの住職は、はっとして悟ってしまいまいました。

 たいへん不思議なやりとりではあります。趙州禅師の本意はどこにあったのでしょうか。これには、さまざまな解釈があるようです。
 一つには、過去と現在、あちらとこちらなどという、一切の分別、取捨を断ち切った、絶対の境地を披瀝したものであるという解釈です。つまり、時間も空間も超えた、いわば「空」の世界を味わってごらんなさいというメッセージです。
 もう一つにはお茶をいただいて、それを出してくれた人の心と一つになってごらんなさいというメッセージです。そこには、師匠と弟子、あるいは凡と聖、貴と賎、老と若などの区別はありません。それぞれ立場の違う三人ではありますが、お茶を飲むという行為に限るなら、そこに何の区別も差別もありません。いわゆる「自他一如」です。そこを味わいなさいということです。
 そして、さらに一つ、私的な解釈を追加させていただくなら・・・、(以下、③/③につづく)



IMG_4573.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/360-adc02101
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top