2015
01.01

「親死子死孫死」①/③

Category: 未分類
original_20141216142641669.jpg  
 新年、明けましておめでとうございます。
 つたない内容ではありますが、本年も、ブログ「無相の水」をどうぞよろしくお願いいたします。

img_0.jpg[仙厓画]
 新年早々、まことに不相応な表題で申し訳ありません。今回は、江戸時代後期に活躍した臨済宗の禅僧、仙厓禅師(せんがいぜんじ)の逸話を紹介します。
 仙厓は、厳しい修行を経て悟りの境地に到達した禅僧でありながら、洒脱、奔放な生き方や飄々として飾り気のない禅画などで、当時、多くの人々に愛された異色の僧でした。その姿は、破れ衣に尻切れわらじといいます。
 多くの面白い逸話が残されていますが、次に紹介するのは、その中の一つです。 あるとき、檀家の一人から、掛け軸にしたいというので、一番めでたい言葉を書いてもらえないかと頼まれます。快く引き受けた仙厓は、筆を手にすると「父死子死孫死」の六文字を書きます。驚いた依頼者は不平顔で言います。
 「和尚さん、いくら何でもこんな不吉な文字は床の間にかけられませんよ。」すると仙厓は
 「そんなことはあるまい。父が死んで、その次に子が死んで、その次に孫が死ぬ。みんなが寿命を全うし順に死んでいく。これほどめでたいことがあろうか。いやならおまえさんは、孫を死なせ、子を死なせ、そうして悲嘆のうちに後から死にやれ。」
と言い放ちます。これを聞いた依頼者は、大いに納得し、大喜びでその文字を家に持ち帰ったというのです。仙厓が放ったいわばブラックユーモアのようなものですが、いかにも禅僧らしい発想だと思います。
 もう一つ、仙厓に倣って、縁起の悪い話にお付き合いいただきたいと思います。気分の悪い方は、この先は、無視していただいて結構です。
 『仏教聖典』の「第4章煩悩」「第3節 現実の人生」の中(その4)に掲載されている一文です。「増支部経」という経典にあるもので、釈迦の言葉として伝えられているものの一つです。(以下、②/③につづく)

× 
※クリックすると拡大して見られます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/344-ff911b46
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top