2014
11.02

「子どもはみんな タッタカ走る」①/③

Category: 未分類
1-B-KOT145.jpg

 先日、ドライブをしていたとき、幼稚園(あるいは保育園)の園児が、下園する様子を目撃しました。園の外に出た子どもたちは、満面の笑顔で、弾けるように同じ方向に走り出していました。近くに保護者らしき女性の姿はありましたが、子どもたちは、それには全く目もくれない様子でした。とにかく、何の屈託もなく、駈け出しているその様子は、理屈抜きで微笑ましく、心に響くものがありました。同時に、子どもたちは、なぜあれほどまでに無邪気に走ることができるのかという疑問も湧いてきたのでした。
 そのとき、ある童謡が頭を過ぎりました。「おんまは みんな」という題した童謡です。アメリカ民謡に、日本の作詞家が詞をつけたものです。
 おんまは みんな / ぱっぱか はしる / ぱっぱか はしる / ぱっぱか はしる
 おんまは みんな / ぱっぱか はしる / どうして はしる
 どうしてなのか / だれも しらない
 だけど / おんまは みんな / ぱっぱか はしる / ぱっぱか はしる
 ぱっぱか はしる / おんまは みんな / ぱっぱか はしる
 おもしろいね
(以下、2番につづく)
 作詞者には非礼であることは承知の上で、一部を替え歌にしてみたいと思います。  
  子どもは みんな / タッタカ 走る / タッタカ 走る / タッタカ 走る
  どうして走る / どうしてなのか / だれもしらない         
  だけど / 子どもは みんな / タッタカ 走る / おもしろいね
 独断と偏見ではありますが、これでも十分に歌になるのではないでしょうか。
人間の子と馬を一緒にするとは何と不謹慎なことか、そのことにどのような意味があるのかなど、眉目を寄せられる読者も多いかと思います。しかし、幼気な子どもたちが走ることと、馬が走ることとの間に、果たしてどのような違いがあるのでしょうか。(以下、②/③につづく) 
kodomo 1 
※クリックすると拡大して見られます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/341-05d544b6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top