2014
12.04

「ハイ」で悟る②/③

Category: 未分類
200px-Mahakashyapa.jpg 迦葉尊者(かしょうそんじゃ)]
 
 しかし、このような浅薄な見方をしていたのでは、臨済の真意はつかめません。
そもそも、語録の王とも評される「臨済録」に、臨済の人格を貶めるような逸話が盛り込まれているわけはありません。
 仏教(大乗仏教)では、「上求菩提(じょうぐぼだい」、「下化衆生(げけしゅじょうということが大テーマです。「上求菩提」は、悟りを求めて修行すること、「下化衆生」は、大衆を救済することを意味します。
 そこでこの話ですが、禅的な見方によれば、臨済は立派に老婆を救済しているのです。無文老師は、「これは婆さんの負けだ」と評していますが、臨済は、老婆を呼び止めることで、彼女に「悟り」のきっかけを与えたということです。
 これでは何が何だか分からないという声が聞こえてきそうです。そこで、いつも例に出す禅問答集「無門関」を見てみたいと思います。第22則に「迦葉刹竿(かしょうせっかん)という話があります。
 この話には、迦葉(かしょう)と阿難(あなん)という二人の人物が登場します。二人とも釈迦の十大弟子の一人に数えられますが、迦葉の方が先輩で、この話の中では、阿難はまだ「悟り」が開けていない弟子として描かれています。釈迦が亡くなってしばらくしてからの話として伝えられるものです。
 あるとき、阿難が先輩であり、第二の師匠である迦葉尊者に尋ねます。
 「世尊(釈迦)は、あなた(迦葉)に大法(宇宙の真理)を伝授した証拠として金襴の袈裟を伝えられたそうですが、その他にいったい何を伝えられたのですか」
すると迦葉はそれには答えず、静かに
「阿難」
と呼びます。すると阿難が
「ハイ」
と答えます。
「それなんだよ。それ。それ以外に一体何があるかい。これで説法は終わりだ。門前に立っている刹竿(せっかん)を倒しておきなさい。」

このとき、阿難は豁然(かつぜん)と「悟り」を開いたというのです。 
(以下③/③につづく)  

32-3 
※クリックすると拡大して見られます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/338-f7773476
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top