2015
06.02

『役割を果たす』②/⑥

Category: 未分類
   10132002063.jpg

 一つ目は、社会的な役割を持ち、その責任を果たす場合です。職業、あるいは地位や身分を持つものとしてその役割を果たす場合のことです。この場合、社会生活を営む中で、相互に支える力としてその役割を果たすことになるわけですから、多くの場合「人から喜ばれる」ことに通じるでしょう。
 ただ、職業人の場合、定年を迎えた後、その役割が消滅するわけですから、その後をどう過ごすかということが大きな問題となります(それは、私自身の問題でもあるのですが)。
 二つ目は、家族(親族)との関係で生まれる役割です。あるときは子として、あるときは親として、あるときは祖父として、またあるときは夫として、兄(姉)、弟(妹)として、様々な役割があります。さらには、甥(姪)、従兄弟などとしての役割も含まれるでしょう。
 この場合も、それぞれの関係がうまくいっていれば、「人(家族や親族)から喜ばれる」ことに通じていくのではないでしょうか。
 三つ目は、公民としての役割です。通常の市民生活をする上で求められる一市民としての役割のことです。自分が住む自治会などのなかでの役割もこれに含まれるでしょう。この場合には、社会のルールや公衆道徳などを遵守していくことが、結果として「人から喜ばれる」ことに通じていくのだと思います。
 ただ、これらの役割を果たすには注意が必要です。説明するまでもないかと思いますが、「人から喜れる」ためには、それ相応の“意識(善意)”が求められます。通常は、一番可愛いのが自分です。よほど強く“意識”しないと「人から喜ばれる」ことはできないものです。それが私たち凡夫の有り様だと思うのです。(以下、③/⑥につづく)
 

36-7 
※クリックすると拡大して見られます。

 

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/323-bffa60f2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top