2015
02.02

「鬼は内 福は外」②/③

Category: 未分類


fuyu4.jpg
 節分の時期には、神社や寺院をはじめ、一般家庭でも「鬼は外、福は内」と言って豆をまく風習があります。しかし、去年、豆まきをして鬼はもういなくなったから、今年は止めにしておこうなど思う人はいないでしょう。それが、毎年の恒例行事として行われるのは、鬼はなくなるものではないという暗黙の了解があるからではないでしょうか。鬼は、忌むべき対象でありますが、絶滅されるべきものとしては存在していません。
 「鬼は内、福は外」と唱えるお寺があることを知りました。岐阜県美濃加茂市にある小山観音寺(臨済宗)の話として、ある新聞に紹介されていたものです。曰く「鬼は内、鬼は内、福は外」と。
 「鬼は内」の理由は、厄災が他の家に及ばぬように、全ての鬼を自分で引き受けるためだとありました。自分の家にやってきた鬼は改心させ、寺を護らせるというわけです。そして「福は外」は、福は、自分の寺に招き入れることをせず、他の家に譲るということなのだそうです。いかにも仏教的な発想だと受け止めました。
 また「福は内、鬼も内」と唱える例もあると聞いたことがあります。いつもいつも外にいる鬼が気の毒だから内に入れてあげ、福が外に出てしまわないように見守ってもらう意味があると聞きました。この場合、鬼はガードマンの役割を果たすわけです。
 いずれにしても、鬼を排除する存在でないものとして捉えていくという点が、たいへん日本的(仏教的)だと思います。小山観音寺のお寺の住職の話として、「豆で追い払うべきなのは、鬼でなく、人の鬼心である」とありました。「鬼は人」、「人は鬼」というわけです。先の古歌のように、誰の心にも鬼はいます。そして、鬼はなくならないのです。(以下、③/③へつづく)
33-2 
※クリックすると拡大して見られます。





 
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/317-f1988137
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top