2014
04.04

「二度の死」②/②

Category: 未分類
etc_32.jpg 

 人は、母親の胎内で極微細な細胞として現れます。これが「地」です。その後、これに血液や体液など「水」が加えられて「地」は成長していきます。そして、次に体温が生じます。これが「火」です。そして、最後に母親の胎内から外へ出ることにより呼吸を始めます。これを「風」とするのです。
 人が死に臨むとき、この順序を逆にして説明されます。最初に呼吸、つまり「風」が止まり、次に体温、つまり「火」が失われます。そして、体内の水分、「水」がなくなり干からびると、最後には亡骸、つまり「地」だけとなります。言うまでもなく、最終的には、「空」の世界に戻ることになります。
 このことは、人のみ限らず、生きとし生けるものの生死に共通する問題でもあります。仏教の考えに随えば、生きとし生けるものは、四大の「仮和合(けわごう)」、つまり、仮の姿として生じるとされます。「地・水・火・風」の四大が、たまたま偶然に、今の姿で出現しているに過ぎないという訳です。
 この考えによれば、母の身体は分離し、すでに「地(土)」になり、「水」になり、「火(熱)」「風(空気)」になっているということです。いえ、一周忌を迎える今、「仮和合」によって、姿を変え、この世で新たな生を受けているかも知れません。あるいは草花、樹木等として…、あるいは穀物や野菜、果物等として、はたまた虫や鳥、魚、動物等として…。
 これらの中には、私たちが日々食糧として体内に採り入れているものもあります。そうだとすれば、すでに母は私たちの体内にあって、今も生き続けているようにも思えてきます。そればかりか、母の生に支えられて私たちの今の生があるという見方さえも可能です。
 このように、「四大」の思想によれば、この先も、母は、姿や形を変化させながら、永遠に生き続けるということにもなります。ただ、それは母だけに限ったことではありません。今を生きている私たち自身も、見方を変えれば、永遠を生きる存在であるということになります。私は、ここに救われるのです。
 図らずも、マザーコンプレックスを披瀝することとなりましたが、こんな発想にたどり着けたのも、母のお陰と思っています。(〆)


IMG_4954.jpg
※クリックすると拡大して見られます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/306-37248015
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top