2014
09.03

「二つの円」から①/⑤

Category: 未分類
dekarutoico.jpg  [ルネ・デカルト]

  友人と会話をしていたとき、デカルトの説いた「我」と禅における「我」とはどのように違うのかという問題が投げかけられました。デカルトの「我」というのは、有名な「我思う故に我あり」という言葉に込められた「我」のことです。これに対し、禅が追求する「我」というのは、臨済禅師が説いた「真人(しんにん)」という概念に象徴されるものです。この二つの「我」には、自ずから大きな質的な違いがあります。その違いを説明するように求められたのです。
 少し横道にそれますが、デカルトの思想について調べてみるとは、次のような説明がありました。
 「『我思う故に我あり』という命題は、保守的な「信仰」による真理の獲得ではなく、信仰のうちに限定してではあれ、人間の持つ「自然の光(理性)」を用いて真理を探求していこうとする近代哲学の出発点を簡潔に表現している。デカルトが「近代哲学の父」といわれる所以である…」
 浅薄な知識をもとに補足したいと思います。現代であればごく当たり前である「我(私)」という概念こそは、デカルトによって確立されたものです。ただし、デカルトは、神そのものを否定してはいません。神の存在を認めながらも、疑う余地のないものとして「我」があることに目覚め、それを「近代的自我」として宣言したのです。その意味では、キリスト教の思想の中に楔を打ち込んだことになります。
 近代以降の文明の発展は、この「近代的自我」の確立と深い関係にあるというのが定説です。「我」のもつ人間の根源的なエネルギーが、近代文明を牽引し、発展に導いてきたということです。近代文明の発展とデカルトの説いた「近代的自我」とは、まさに車の両輪の関係あるというわけです。
 最初から、たいへん理屈っぽい話になってしまったことをお詫びします。話を元に戻したいと思います。(以下、②/⑤につづく)



IMG_9989.jpg 

※クリックすると拡大して見られます。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/281-83a7d0bf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top