2014
05.01

「リーダーの条件」①/⑥

Category: 未分類
 z4.jpg

 今回は、子供に向けた仏教説話から、興味深い話を紹介したいと思います。


 ある森の中に、赤い顔をした5百匹の猿たちが、王様ざるにひきいられて住んでいました。ある日のこと、赤い顔の猿たちが、えさをもとめて、村はずれの畑のところまで出かけていくと、おいしそうなくだものが、たわわになった大きな木がありました。お腹を空かせていた猿たちは、われ先に、枝に飛びつきました。
 その時、「待て!」と、王様ざるの大きな声が響きました。
 「こんなにおいしそうなくだものなのに、人間たちがだれも食べた様子もないのはおかしい。わしが一つ食べてみるから、もし何ともなければ食べるがいい。」
 そう言うと、王様ざるは、くだものを一つ口に入れました。
と、どうしたことでしょう。急に苦しみ始め、間もなく血を吐いて死んでしまったのです。その木は、毒の実のなる木だったのです。
 赤い顔のさるたちは、泣きながら王様ざるを背中にかつぎ、森の方へ帰っていきました。

 それからしばらくたったある日のことです。川をはさんで向かい側に住んでいた青い顔をした5百匹のさるたちが、同じくだものの木の近くにやってきました。お腹を空かせていたさるたちは、われ先に、枝に飛びつきました。と、その時、「待て!」という、王様ざるの大きな声がしました。
 「このくだものの木は、村のどこからでも見えるのに、誰も食べた様子がない。これは一つ、食べるか食べないか、みんなで相談して決めることにしよう。」
 そこでさるたちは、さっそく相談を始めました。
 「こんなにいいにおいのするくだものが、毒であるはずがない。」
  「いやいや、このくだものはどうもあやしい。とりもついばんだ様子がない。」
 「いや、それは鳥が嫌いなだけで、毒とは限らない。」
 みんな口々に意見を言い始めました。ところがなかなか結論が出ません。そこで王様ざるが言いました。
 「では、みんなの意見の多い方で決めることにしよう
」(以下②/⑥につづく)

IMG_3334.jpg
※クリックすると拡大して見られます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/258-03e0d7d0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top