2014
07.01

「Bad news is good news!」⑦/⑦

Category: 未分類
1706.jpg 

 仏教には『慈悲』という実践徳目があります。相手と共に喜んだり、楽しんだりするのが『慈』であり、相手と共に悲しんだり、苦しんだりするのが『悲』であるとされます。『慈悲』の実践ができているとき、それは、無文老師の言う「お互い(人間)の心の本質」が働き出しているときなのだと思います。それこそは、「自他一如」つまり、「わたし」と「あなた」は一つのものであるという真理への揺るぎない確信に基づく心なのだと思います。

 この考え方に随えば、少なくとも、悪いニュースに接したとき、それに群がり、つつき回したり、面白がったりするようなことはできないはずです。また、ニュースの当事者(特に被害者)の想いに寄り添った受け止めができるはずです。逆に、それが良いニュースなら、心からそのことを喜び、当事者と同様の想いに浸れるはずです。やっかんだり、こき下ろしたりするような愚行に走ることはないと思います。
 相対世界の中にあって、絶対世界の真実を少しでも垣間見ること、いえそれが叶わないとしても、「自他一如」の世界に少しでも想いを致しているとき、それが『慈悲』の実践への第一歩に通じる考えるのですが、いかがでしょうか。
 世界は、ますます混迷を極め、先が見えなくなってきています。そんなの中で、私たちが“人としてできること”を模索するとき、禅の公案は大きなヒントを与えてくれるように思えるのです。
 読者の皆さんも、興味のある方は、ぜひ一度、公案に触れてみられてはいかがですか?(〆)

IMG_0027.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。

次回は『心が動く』を掲載(3回配信)します。ぜひ、ご訪問ください。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://zitaichinyo.blog.fc2.com/tb.php/236-41e0beb5
トラックバック
コメント
もともと「ニュース」、というよりも、自分の周囲で起こっている出来事、あるいはメディアによって知ることのできる世界の出来事に、「良いも悪い」も無い。これを物語るのが、「人間万事塞翁が馬」の故事でしょう。

ある日塞翁が飼っている馬が逃げたして、廻りの人が同情すると、塞翁は「これが良いことに繋がるかもしれないよ」と答えます。

すると、数日後、逃げた馬が数頭の野生馬を連れて戻ってきます。
すると、周りの人は塞翁に「馬が戻ってきてよ良かったね、しかもいい馬を一杯連れてきて」、と祝福すると、今度は塞翁は「これは悪いことの前触れかもしれないね」と答えます。

すると、塞翁の息子が馬の調教中に落馬して脚を骨折します。すると、廻りの人は「息子さんはお気の毒だったね」と言いますが、塞翁は「これは良いことの兆しかもしれないね」というわけです。

そうこうするうちに、塞翁の暮らす国で戦争がおこり、塞翁の村でも若者が兵隊に取られてしまいました、ただ一人骨折していた塞翁の息子を除いて。

馬が逃げる→馬が戻ってくる→息子が骨折する→骨折した息子が兵役を免除される、ということは一連の事象として起こっているだけで、そこには「良いも悪い」もありません。
ただ、周囲の人が事の「良し悪し」を一方的に判断しているだけです。

そして、塞翁はその「良し悪し」の判断をせず、ただ起こったことを冷静に受け止めています。

これを個人レベルで考えると、塞翁の周りの人は、「わたくし」という「こころ」なのでしょう。

そして、塞翁はその「こころ」に普段は覆われている、「本当の自分(本来の面目)」なのだと。

そうやって考えると、日常生活の中で、出来るだけ「わたくし」という「蓋い」を取って「ありのまま(Let it Go)の自分」で日々を生きることが、大切なのだと思います。

もちろん、日々の暮らしが「事の良し悪し」を、判断しなければならない事象の連続だったとしても。

いや、だからこそ、悪い意味で「我を失わないため」に「本来の面目」を保つ必要があるのだと思います。
我無駄無dot 2014.07.01 08:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top