FC2ブログ
2018
05.01

「ゼロ」にならない心 R ③/③

Category: 未分類
IMG_0642.jpg
 無文老師は、次のようにも述べています。
 心が無であるということは、何もないということではなく、客観の世界と一緒に動けるということであり、それが無であり、本当の悟りである。(奪人不奪境)
 「無心になる」というのは、我欲を棄て・我執を消し去ることです。勝手な推測ではありますが、「ゼロ」の人たちは「ゼロ」の状態に至ることで、我欲・我執から解放されたのではないでしょうか。そして、そこに自然な形で道徳的実践が生まれてきたのではないかと思うのです。
 引用文の中に「客観の世界と一緒に動く」という言葉がありますが、「客観の世界」というのは、この場合「新宿の街」であり、そこに落ちている「ゴミ」のことだと思います。言い換えるなら、Aさんが「ゼロ」の人たちと呼ぶ人たちは、そのとき「新宿の街」そして「ゴミ」と一つになっていたということです。その意味では、彼らは「悟り」の境地にあったと言えるのかも知れません。
 Aさんは、掃除をするホームレスの人たちの姿に接し、気迫や凄み、そして感動をも覚えたと話しています。私見ではありますが、それは、彼らの「純粋な人間性」に触れたことに起因する心の動きではないかと想像します。人間誰もが本来持っている「究極の主体性」とも言えるものです。具体的には、分別を超えた「智慧」であり、その「働き」のことでしょう。 
  もちろん掃除を続けるホームレスの人たちにそんな意識は微塵もないのだろうと思います。しかし、だからこそ尊いと思うのです。
 求める心が「ゼロ」と言っておきながら、掃除の後にありつける炊き出しを期待するのは矛盾しないかとの意見もあるかもしれません。
 しかし、先の男性の談話からも分かるように、彼らが行政の配慮で用意される食事より、清掃活動することの方に重きを置いていることは明白です。彼らにすれば、炊き出しの食事にありつくことなどは、「社会の中で役立ちたい」という「無心」に根ざした動機に比較すれば二義的なことなのだと思います。Aさんの感涙の源もこの一点にあるのだと想像するのです。
 当事者から遠く離れたところにあって、よくもそんなお気楽なことが言えたものだとのお叱りの声が聞こえてきそうです。
 読者からのご批正をお待ちしています。(〆) 

IMG_0520.jpg
※クリックすると拡大して見られます。



                                                            
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
05.05

「分からないもの」に思う ①/④

Category: 未分類
0005_201710291522526e2.jpg 
 ある展覧会を観覧した折に、たいへん気になる展示がありました。展示ケース一面に「サッポロ一番」の袋230個余が、縦横に整然と並べられられていたのです。袋と言ったが、中身の入っていない袋ではありません。その袋に破られた形跡はなく、乾燥麺は入ったままなのです。
 いぶかしく思い、説明を読んでみると、作者(この言い方が適切かどうかは分かりませんが、作品として展示した関係者も含め、今回はこう表現します)は、朝、起床すると、真っ先に「サッポロ一番」の袋を手にし、就寝するまで一時も手放すことなく、袋の表面を指で撫でたり、袋を揉んだりする行為を繰り返したりしているとのことでした。また、それをしないときは、じっと見つめているとのことでした。
 また、その様子は、すぐ側にあったテレビモニターで放映もされていました。作者は、中年風の女性でしたが、その穏やかな表情は印象的でした。どうやら、作者は障がい者の施設に入所していようでした。
 さらに、説明によると、その日手にした「サッポロ一番」の袋はその日限りで、翌日には、新しい袋を手に、同様の行動を繰り返すとのことでした。展示されていた袋には付箋で日付が記載されており、毎日、同じタイプの袋を手にしていたことがよく理解できました。
 正直なところ、並べられた袋の集合体を作品と呼んでいいものかとも思いましたが、この展覧会の趣旨に触れて、納得するところがありました。
 作者にとって、「サッポロ一番」の袋に触れ、眺めることにどのような感慨があるのか、私には理解できません。その時の音なのか、感触なのか、あるいは表面に映る光なのか、それとも…。しかし、作者には、確かに「何らかの意味がある」のでしょう。(以下、②/④につづく)
65-3.jpg
※クリックすると拡大して見られます。


Comment:0  Trackback:0
2018
05.09

「分からないもの」に思う ②/④

Category: 未分類
2fadd834923eb8a88f283bb275564272_201710291522573d9.jpg
 そのとき、ある本(月刊MOKU)から知った「環世界」という言葉を思い出しました。橋本諄一郞氏は、「宇宙を創造した生命の意思」と題したエッセイの中で、「環世界」について次のように説明していました。その要約です。
 ミツバチは蜜を集めて野原に飛んでいく。そこには咲いている花もつぼみの状態の花もあるが、ミツバチは蜜の吸える花の間だけを飛び回る。ミツバチは、それぞれの花を認識し、蜜が吸える花か吸えない花かを判断して飛んでいるのではなく、つぼみはミツバチに見えない。ミツバチの環世界(動物が主体的に意味を与えて構築した世界)には、つぼみは存在していない。ミツバチが間違って、人間が正しいということではなく、それぞれの動物は別々の環世界を持っており、人間を含めてどの生物にも客観的な真理などは見えない。
 以下、たいへん乱暴な推理であり、お叱りを受けるかも知れませんが、作者には、ミツバチと同じように、「サッポロ一番」の袋しか見えていないのではないでしょうか。「環世界」という概念は、一般に動物に当てはめて考えられる場合が多いようですが、人間についても同様のことが言えるのではないかと思うのです。
 男性と女性、若者と高齢者、健常者と障がい者、あるいは人間一人一人が持つ経験や価値観などの違いによって、異なる世界を認識して生きています。自分の世界での常識が相手の世界でも常識である保障などどこにもありません。その意味では、私たちは、個々に「環世界」の中でものを見ていることになります。
 私たちの周りには、肉眼によっては捉えられていないものがたくさんあります。分かりやすいところでは、紫外線や赤外線がそうでしょう。また、分子や原子、さらには素粒子といった、ミクロの世界にあるものも肉眼で見えません。さらには、宇宙に広がる銀河や星々など、マクロの世界にあるものも、肉眼で見られるものは限られています。
 ただし、これらのものも電子顕微鏡や電波望遠鏡など、特別な観測器具を使えば観察できます。小柴昌俊博士(ノーベル物理学賞受賞)ゆかりの岐阜県のスーパーカミオカンデは、ニュートリノを観測できる施設として知られています。(以下、②/④につづく)
65-4.jpg
※クリックすると拡大して見られます。
Comment:0  Trackback:0
2018
05.13

「分からないもの」に思う ③/④

Category: 未分類
3210613_20171029152254628.jpg
 ところが、最新の宇宙物理学の研究成果によると、これらミクロの世界に存在するものも、マクロの世界に存在するものも、宇宙全体の中で占める割合は4%に過ぎないといいます。つまり、宇宙全体の大きさを100とするなら、人類が観測できるのはそのうちのわずか4にしかならないというのです。根っからの文系人間である我が身にあって、この事実を知ったときの衝撃は大きなものでした。私たちは、宇宙全体の4%のものしか見ることができないのですから。
 では、観測できない残りの96%は何か?その一つが“ダークマター(暗黒物質)”であり、もう一つが“ダークエネルギー(暗黒エネルギー)”だというのです。“ダークマター”というのは、物質を固めるために重力を引きつける役割を果たしているもので、もしこれがなかったら、現在のような銀河や太陽、地球、さらには私たちの身体さえもできなかったといいます。これに対して、“ダークエネルギー”というのは、宇宙の拡大・膨張を加速させるもので、宇宙全体の構造を変化させる強大な力であるといいます。そして、その割合は、前者が23%、後者が73%、合わせて96%となるわけです。現時点では、この96%を観測する術がないのです。「暗黒」とネーミングされた所以は、ここにあるのだ思いますが、考えてみればたいへん不思議なことです。
 念のため申し添えますが、これは決して異次元の世界の話ではありません。私たちが生活している三次元の世界での話なのです。
 そこで暴論との批判があることは承知で、私見を述べたいと思います。
 このように、今、私たちが知り得る世界は、宇宙全体から見ればわずか4%に過ぎません。しかし、実はこの4%の世界が人間固有の「環世界」ではないかということです。真実は、残りの96%を含めた宇宙全体の中にあるにもかかわらず、私たちにはそれを見ることも、聞くことも、感じることもできません。このことは、「サッポロ一番」の袋にこだわる作者の有り様に酷似しているようにも思われます。私たちは、宇宙の中にあって、「サッポロ一番」の袋しか見えていないのかも知れません。(以下、④/④につづく)
65-5.jpg
※クリックすると拡大して見られます。


Comment:0  Trackback:0
2018
05.17

「分からないもの」に思う ④/④

Category: 未分類

20170626150418.jpg
 果たして、人類は、将来、残りの96%を捉えることができるのでしょうか。理系に縁の薄い我が身にあっては見当もつきませんが、研究者によっては、その前に人類が自滅する可能性が高いと言いいます(理論物理学者 村山斉氏)。また、マクロの世界に適合する「相対性理論」とミクロの世界に適合する「量子論」を統一する理論の構築は、「夢のまた夢」と評する研究者もいます(理論物理学者 佐藤勝彦氏)。それほどまでに、宇宙は、複雑で神秘に満ち満ちているということです。
 結局、私たち人類は他の動物たちと同じように、わずか4%の固有の「環世界」の中に生きていくことしかできないのではないでしょうか。しかも、その中で行われる観測や分析が、常に正しいとは言えません。宇宙の真実の前に、私たち人類は、まったくお手上げの状態と言ってよいのだと思います。
 しかし、だからといってそれを悲観する必要はないと思うのです。「分からないもの」があるということは、私たちにとって幸いであるというのが、私の見解です。「分からないもの」への畏怖、それは「分からないもの」に対する敬意と表裏一体の関係にあるものだと思います。そして、そのことの前に、私たち人間は謙虚になれるのだと思うのです。

 A・アインシュタインが、次のような言葉を残しています。


 科学に従事している誰もが、自然の法則というものは、人間を遙かに超えた霊魂であり、そのような霊魂を前にすれば、人間は人間の力に対して慎み深くなり、自然の法則に対して謙虚に頭を下げるという自覚に到達することができる。それゆえに科学に没頭するということは、科学者を特殊な宗教的な感情に導くのである。


 人間の傲慢さや貪欲さが自然(広い意味では宇宙)を汚染し、破壊してきた事実は否定できないと思います。それは「分からないもの」への畏怖と敬意を忘れた貪欲の暴走とも言えるものです。それを象徴する典型的な一例が、これまで進められてきた原子力事業でしょう。被災した原発の廃炉や使用済み核燃料の処理の問題など、山積する課題に全く先は見えていません。  
 冒頭で紹介した「サッポロ一番」の作者は、無言のうちに、人間にとって「分からないもの」があるということの意味についての再考を、私たちに促しているのではないでしょうか。そのことを蔑ろにして、自然への敬意や感謝、慎み深さ(アインシュタインの言う「宗教的な感情」)などは生まれないと思うのです。果たして、読者はどのように考えられるでしょうか。

 最後に漂泊の僧、西行法師が、初めて伊勢神宮を参拝したときに読んだと伝わる和歌を紹介して、ブログを閉じたいと思います。
 何事の おはしますかは知らねども かたじけなさに 涙こぼるる  
  (意訳)
 
ここにどのような神がいらっしゃるのかは存じ上げないが、身にしみるようなありがたさがこみ上げてきて、思わず涙がこぼれてしまった。〆)
 
65-6.jpg

※クリックすると拡大して見られます。


Comment:0  Trackback:0
2018
05.21

ギャラリー65

Category: 未分類
◎これまで掲載した水をテーマにした写真をギャラリー65」としてまとめました。 

 水は百面相 どれも水の顔には違いない 
 しかし どれも本当の顔ではない 
 心も同じこと
 
今回の写真は、すべて春日井市の「落合公園」で撮影したものです。
1
65-1.jpg 
2
65-2.jpg
3
 65-3.jpg
4
65-5.jpg 
5
65-6.jpg 
6
65-7.jpg 
7
65-8.jpg

次回は、「化石の説法を聴くR」を掲載します。ぜひご訪問ください。
Comment:0  Trackback:0
2018
05.29

化石の説法を聴く R ①/②

Category: 未分類
131398862_54577fc0dc.jpg
 以前、NHKのラジオ放送を聴いていたとき、たいへん興味深い話に出会うことができました。それは、化石に関する研究結果をもとにした、次のような話でした。
 いのちを持つものの身体の99.9%は、死後、様々に変化をし、『他者のいのち』として使われていく…。化石として残るのは、0.01%に過ぎない…。
 原子や素粒子の世界で見ていけば、全てのいのちはつながっているということを言ったものだと受け止めました。もっとも、その意味では、他者には「無生物」のものも含まれるのではないかとも思うのですが…。
 いずれにしても仏教の世界観を特徴づける言葉としてよく引用される、『般若心経』の経文にある「色即是空(しきそくぜくう) 空即是色(くうそくぜしき)」という言葉、あるいは、仏教の思想を説明するときによく使われる、「四大(しだい)の和合と離散」という言葉を補完する話として、たいへん興味深く受け止めました。
 「色即是空  空即是色」は、形あるものはしだいに姿を変え、やがては見えなくなるが、見えないものもやがて縁を得て形あるものとなって現れてくるということ、そして「四大の和合と離散」というのは「地・水・火・風」の4つが 宇宙を構成する根本要であり、すべてのものは、それらがついたり離れたりすることで形づくられるということです。
 そして、そのとき「役割」という言葉が頭を過ぎりました。つまり、私たち(あるいは私)は姿のない“何ものか”、いわゆるsomething great(サムシンググレート)から、今、たまたま人間という「役割」を与えられ、それを果たしている、あるいは戸籍上の名前を持つものとしての「役割」を与えられ、それを果たしているのではないかという思いです。
 また、その意味では、樹木や草花たちも、動物や昆虫たちも、そして魚や微生物たちも、『何ものか』によって、今、たまたまその「役割」を授けられ、その「役割」を懸命に演じていると言えるのかも知れません。それは無生物のものたちについていも言えるのだと思います。(以下、②/②につづく)
IMG_4941.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top