2016
09.04

イタイ!を忘れるな④/④

Category: 未分類

f0155048_1481092 (2) 
  ただ、これまでも述べてきたとおり、禅の立場は明確だと思います。禅師にまつわる二つの逸話から類推する限り、禅では、「善は急げ」を推奨しているのだと思います。
 こんなことを言うと、「では、何が善で、何が善ではないのか?」という疑問が湧くかも知れません。これには、次のような答えができるのかと思います。「急いでしていることはすべて善である」と。
 先の例のように、自我(エゴ)が関与することで、往々にして「苦」は増幅することがあるものです。禅にあっては、自我(エゴ)から離れ、自分勝手や自己都合を排除することが善とされます。先に述べたように『受』から得られる情報は、自我(エゴ)の影響から一番遠いとこにあるわけですから、すべてが善であるという理屈です。
 読者には、軽々には与することのできないと思われるかも知れません。ただ、こんな経験はないでしょうか。
 満員の電車に座っていて、お年寄りや身体の不自由な方が乗ってきた場合です。こんなときには、真っ先に「席をかわってあげよう」という気持ちが湧くものですが、時間の経過とともに、考えが変化することがあります。「他の乗客の手前、善人ぶっているように思われないだろうか…」「あの人は、立っていることが案外苦ではないのかもしれない…」「もしかすると、同情されるのを拒否するタイプの人かも知れない…」など、次々に勝手な思いが頭を過ぎり、結局は、何もしないで終わってしまい、後で後悔するような場合です。(恥ずかしながら、これは若いころの私自身の経験でもあるのです)。
  「急がば回れ」という諺を例にするなら、「急ぎ」のときに「遠回りしよう」などと考える余裕を持つと、そこに自分勝手や自己都合が働き出し、善から遠ざかることなのでしょう。
 また、私見ではありますが、善の必要条件を“人から喜ばれることをする”と定義するなら、自我(エゴ)の影響を受けないように努めること自体が善に通じると言えるのかも知れません。
                    e0297347_19133894.jpg 
  いずれにせよ、禅師にまつわる二つ逸話は、「初念(最初に起こる思い)」を大切にする禅の思想を象徴的に示す話だと思います。禅によれば、初念は仏心でもあります。私たちが、仏心に近づきたいという願いを持つなら、『受』の意味するところを今一度、見直す必要があるのかも知れません。
 最後に、釈迦の残した言葉を紹介して、今回のブログを閉じたいと思います。『発句経(ほっくきょう)』にある言葉です。


 善をなすのを急げ、心を悪から遠ざけよう。
 善をためらっていては、心が悪を楽しんでしまう
。(〆)

49-7 
※クリックすると拡大して見られます。



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
09.08

ギャラリー49

Category: 未分類
◎これまで掲載した水をテーマにした写真をギャラリー49」としてまとめました。 

 
水は百面相 どれも水の顔には違いない 
 しかし どれも本当の顔ではない 
 心も同じこと
 
今回の写真は、1~6は東海市(聚楽園)で、7は豊田市(阿知波池)で撮影したものです

49-1

49-4

49-2

49-7

49-5

49-3

49-8 
 
次回は「オリンピック精神とは?」を掲載(4回配信)します。ぜひご訪問ください。



Comment:0  Trackback:0
2016
09.12

オリンピック精神とは?①/④

Category: 未分類
rio-olympics01.png 
  リオデジャネイロで開催されたオリンピックが終わりました。今回のオリンピックで日本が獲得したメダルの総数は過去最多の41個でした。連日、報道される日本人選手の活躍ぶりに、日本国中が大いに盛り上がりました(蛇足ですが、カヌー競技〈カヌースラローム男子カナディアンシングル〉で銅メダルを獲得した羽根田卓也選手は、私と同じ自治区の住人です)。
 夜更かしが苦手な私は、もっぱら早朝にダイジェストニュースの中から情報収集していたのですが、録画とは分かっていても、日本人選手の登場となるとその画面にはいつも釘付けになりました。そして、毎日、日本人選手の獲得メダルの数が増えていくのを楽しみに朝を迎える日々でした。
 ところで、読者は、今回のオリンピックの開会式で、聖火の最終ランナーを務めた人物のことを記憶されているでしょうか?
 聖火と言えば古代オリンピック発祥の地、ギリシャで点火され、その後、国境や地域を越えてリレーされ、メインスタジアムの聖火台に点灯される神聖な火です。いつの場合にも、その最終ランナーを誰が務めるかというのは、大きな関心事です。私などは、1996年アトランタオリンピックの開会式のとき、病身をさらしながらトーチを携え、聖火台に立った故モハメド・アリ氏の姿を今でも忘れることができません。
 そこで今回のオリンピックの最終ランナーですが、その人物は2004年アテネ五輪の男子マラソンで銅メダルを獲得したバンデルレイ・デ・リマ氏でした。あの「悲劇のランナー」です。
 録画ではありましたが、その映像を見て正直なところ驚きました。サッカー王国を自負するブラジルでの開催です。開会式前には、当然のように「サッカーの王様」と評されたペレ氏や「神様」と呼ばれたジーコ氏、あるいは現役のネイマール選手などの名前が挙がっていました。それだけに意外ではありましたが、私は心の中で大きく膝を打っていました。素晴らしい人選だと感じました。
 マラソン選手であったバンデルレイ・デ・リマ氏(以下、デ・リマ選手とします)とはどのような人物なのか、彼にまつわる逸話を「スポーツヒーロー物語」(監修 広瀬一郎)をもとに振り返ってみたいと思います。(以下②/④につづく)

50-1
 
※クリックすると拡大して見られます。

Comment:0  Trackback:0
2016
09.17

オリンピック精神とは?②/④

Category: 未分類

invade4.jpg [妨害を受けるデ・リマ選手]
 2004年アテネオリンピック最終日。最後の種目である男子マラソンがスタートしました。目指すのは、世界で一番速いランナーに与えられる月桂冠と金メダル。選手たちは黙々と走りながら、どこで集団を抜け出してスパートするか、状況を見ながら判断しています。
 20㎞過ぎでスパートしたのがブラジルの・デ・リマ選手でした。力強い走りに誰もついていけません。金メダルは彼ものだと、誰もがそう思いました。
 ところが残り6㎞というところで、沿道から飛び出した男がデ・リマ選手をコースの外へ押し出したのです。周りの人が男を取り押さえ、デ・リマ選手はコースに戻りました。
 けれども突然のアクシデントにデ・リマ選手は、今までのように走れません。まもなく後ろから追ってきたイタリアの選手に抜かれ、アメリカの選手にも抜かれました。このとき、デ・リマ選手にはこのままズルズルと追い抜かれてしまう可能性もありました。しかしデ・リマ選手は最後の力を振り絞って走りました。
 競技場に戻ってきたデ・リマ選手を観客は立ち上がって大きな声援で迎えました。鳴り止まない拍手の中、デ・リマ選手は手を振ってみんなに投げキッスをしながら笑顔でゴールしました。思わぬトラブルにもめげることもなく、堂々の3位でのゴールでした。
 ゴールした後、デ・リマ選手は笑顔で答えました。
「メダルの色は私には重要ではありません。オリンピックの舞台に立てたことが最も大切だったのです。」


 デ・リマ選手のレースを妨害した男の行為は決して許されるものではありません。しかし、起きてしまったことを心の中で引きずることなく、諦めずにレースに戻り、笑顔でゴールしたデ・リマ選手の姿には心を打たれます。また、ゴール後、妨害した男への不平を一切口にすることなく、「メダルの色ではなく、オリンピックの舞台に立てたことが重要だった」という言葉に、無上の潔ぎよさを感じます。これぞまさしくオリンピック精神の発露と言えるのでないでしょうか。

 オリンピックを観戦するとき、私たちには国籍はもとより、メダルの色、メダルの数などにこだわる習性があります。それらに一喜一憂する自分がいるのは確かです。それを否定はしません。しかし、また別のところでこのような話に深く心を打たれる自分がいるのも確かです。
 デ・リマ選手は、ブラジル人選手です。しかし、この逸話が私たちの心に届いているとき、彼の国籍などまったく意識の中にないことに気づかされます。肌の色や言語、文化、宗教、習慣なども同様です。その潔さ、清々しさ、爽やかさなどに対して純粋に心を打たれる自分がいます。仮に、前者を「第一の自分」とするなら、さしずめ後者は「第二の自分」ということになるのかと思います。(以下、③/④につづく)


50-2 
※クリックすると拡大して見られます。


Comment:0  Trackback:0
2016
09.22

オリンピック精神とは?③/④

Category: 未分類

a0009666_18273753.jpg [ゴールするデ・リマ選手]
山田無文老師(昭和に活躍した臨済宗の禅僧)の言葉に次のようなものがあります。「維摩経」についての講義の中にあった言葉です。


 「仏」とは自覚者のことで、これはお釈迦さま一人を指したものではない。…仏教で言う自覚は、いわゆる自我の自覚ではない。自我の奧、個性の奧にある「普遍的な人間性」を自覚することである。万人に共通する人間性、「尊厳なる人格」とも名づけることができる。それは人類を愛さずにはおれない、世界を愛さずにはおれない純粋なヒューマニズムである。


 急に抹香臭い話になって恐縮ですが、先の「第二の自分」というのは、無文老師の言う「自我の奧、個性の奧にある普遍的な人間性」、つまりは仏教の説く、「仏(仏性)」に重なるものではないかというのが私の見解です。
 クーベルタン男爵の提唱により始まった近代オリンピックですが、その基本精神は「オリンピックで重要なことは、勝利することより参加することである」という考え方にその原点があると承知しています。
 このオリンピック精神こそは、無文老師の言う「普遍的な人間性」「万人に共通する人間性」を自覚するところから生まれる「自他を超越した崇高な心」そのものと言ってもよいのではないでしょうか。それは、自我(「第一の自分」)の影響を除いたところにあるもう一人の自分(「第二の自分」)によって自覚されるより高められた精神と言えるものです。
 デ・リマ選手の言葉は、オリンピック精神の原点を見つめ直す機会を与えたと同時に、国籍やメダルの色や数などとは別に、普遍的で万人に共通する、より尊く、清浄な尺度があることを私たちに気づかせてくれたのではないでしょうか。

 そこでもう一つ、今回のオリンピックには、忘れられない逸話がありました。新聞やテレビなどで大きくに取り上げられましたので、ご存じの読者も多いかと思いますが、改めて振り返ってみたいと思います。陸上女子5000メートル予選で接触して倒れた二人の選手が互いに助け合い、励まし合って完走し、観る人の感動を呼んだあのレースです。中日新聞の記事をもとに紹介したいと思います。


 ニュージーランドのハンブリン選手とアメリカのダゴスティノ選手は、3000メートルを走った辺りで交錯し、転倒しました。先に立ち上がったダゴスティノ選手は、起き上がれずにいたハンブリン選手に対して「立って。最後まで走らなきゃ」と肩に手を添えて助け起こしました。
 しかし、その直後、足首を傷めたダゴスティノ選手が、その場にへたり込んでしまうと、今度はハンブリン選手が手を差し伸べて激励する側となりました。曰く「先に助けてもらったから、助けようと思った」と。
 ところがダゴスティノ選手の足首の状態はひどく、ハンブリン選手はやむを得ず、先に15位でゴールしました。そして、ダゴスティノ選手も足の痛みを堪え、足を引きずりながらゴールしました。待ち受けていたハンブリン選手は、ゴールしたダゴスティノ選手と涙ながらに抱擁しました。
 レース終了後、インタビューに答えたハンブリン選手は「ダゴスティノ選手から肩に手を添えられ『五輪だからゴールしよう』と言われた。これこそが五輪精神そのものだと思った」と語りました。言うまでもなく、大会前、二人に面識はありませんでした。

                  _90813651_hi034729987.jpg


 その後、二人はレースを妨害されたとして救済措置が取られ、決勝進出が認められました。一定のルールに従って下された裁定であったとは思いますが、ことの経緯を知っている私などは、溜飲の下がる思いでその報に接しました。そして、ここにもオリンピック精神が生きていると実感しました。
 その結果、ハンブリン選手が17位、ダゴスティノ選手は棄権となりました。しかし、結果はどうあれ、欧米のメディアが「真の五輪精神」「スポーツマンシップを示した」と賞賛して報道したように、二人の行為は、まさにオリンピック精神を体現したものであり、私たちの心を打つものです。(以下、④/④につづく)

 
50-3.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。




Comment:0  Trackback:0
2016
09.27

オリンピック精神とは?④/④

Category: 未分類

160705-2.jpg
 私見ではありますが、私たちがこの種の話に心を打たれるのは、デ・リマ選手の場合と同様に、肌の色や言語、文化、宗教などを超えたところにある心、誰もが生まれながらにして持っている「自他を超越した崇高な心」が、静かに響き合っているからではないかと思うのです。そして、その心の主体者こそが「第二の自分」ではないかと思うのです。
 そう言えば、先に紹介したデ・リマ選手についても、大会後、心温まるエピソードが残されています。デ・リマ選手が示した素晴らしいオリンピック精神に対して世界中から賞賛の拍手が送られましたが、その後、IOC(国際オリンピック委員会)からも特製メダルを贈られました。そして、そのメダルには、近代オリンピックの生みの親であるクーベルタン男爵の名が刻まれていました。
 それにしても、このような逸話が永く私たちの記憶に残り、後世まで語り継がれていくのはなぜでしょうか。そこには、私たちのどのような心が働くのでしょうか。以下は、いつものように独りよがりな思索です。
 結局、私たちは「第一の自分」だけで生きているわけではないということだと思います。相対差別の世界の中にあっても、私たちの中には常に「第二の自分」つまり「自他を超越した崇高な心」が存在しているということです。そして、通常、私たちはそれに気づいていません。
 しかし、あることをきっかけとして期せずしてそれが働き出すときがあります。それがデ・リマ選手の逸話であったり、今回の二人の女子選手にまつわる逸話などではないかというのが私の見解です。このような事実に出会うことで、オリンピック憲章に謳われる「友情」や「平等」「連携」「平和」「相互理解」、さらに言うなら「人類を愛さずにはおれない、世界を愛さずにはおれない」という純粋なヒューマニズムが無意識の中に蘇り醸成されて、私たちの心の中の奧深いところに静かに定着していくのではないかと思うのです。

 次回2020年は、いよいよ東京でのオリンピックでの開催となります。これまで以上に日本人選手のメダルの色、メダルの数、勝敗などに関心が集まるかとは思いますが、それとは別のところで、オリンピック精神に通じる選手たちの活躍ぶりにも大いに目を向け、それを愛でる心を持つことができるようにしたいものだと思います。(〆)

50-4.jpg 
※クリックすると拡大して見られます。

次回は「瓦を磨く」を掲載(3回配信)します。ぜひ、ご訪問ください。



Comment:0  Trackback:0
back-to-top