2016
04.01

しゃもじになる③/④

Category: 未分類
2963322317_0d4a5a44a1_20150420194926c55.jpg 

 私の独断的な解釈ではありますが「心地の法」というのは、心があたかも大地の如く、認識の世界の中に様々なものを生み出してくるということを言っているのではないでしょうか。
 しかし、ここで注意しなければならないのは、心から世界が出てくる…、心が世界を造っている…、ということではないということです。その意味では、臨済の説く認識論は、決して「唯心論」ではありません。もちろん、「唯物論」でもありません。心(あるいは意識)が、何ものかに出逢うことによって、それが認識され、実在し、現実的な意味が生まれてくるという、ごく当たり前の事実を述べたものです。
 『臨済録』では、このようなものの見方・考え方から、驚くべき世界観が展開されます。曰く、
 「心は万境(ばんきょう)に随(したが)って転ず、転処(てんしょ)実に能(よ)く幽(ゆう)なり」と。
 無文老師の解説の解説です。
 心というものは、あらゆる外の世界にしたがって自由自在に動いていき、その動くところは、実に奥深く、容易にはかり知ることができない…。
 鶯が鳴けば鶯になり、花が咲けば花になり、月が出れば月になり、また自動車が通れば自動車になり、外の世界と一つになって自由自在に動いていく…。
 このような心が持つこのような特性と働きのことを、臨済は「心地の法」と言っているのだと思います。その心が外の世界と一つになって、私たちの肉体(感覚器官を含む)を使って、主体的に、また創造的に働いていくということです。
 ただ、誤解のないように申し添えますが、決してものの存在(肉体も含む)を認めないのではありません。それを認めながらも、あくまでもリードするのは心であるということです。
 このことを臨済は次のように表現しています。曰く、
 「眼に在(あ)っては見るといい、耳に在っては聞くと云い、鼻に在っては香を嗅ぎ、口に在っては談論し、手に在っては執捉(しっしゃく)し、足に在っては運奔(うんぽん)す」
 つまるところ、臨済は何が言いたいのでしょう。
 以下、私見を述べたいと思います。 (以下④/④につづく)

45-4 
※クリックすると拡大して見られます。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
04.05

しゃもじになる④/④

Category: 未分類


49125753.jpg  

 臨済の説く心は、いわば煩悩(エゴ)が起きる前にある心です。それは、生まれながらに誰もが持っているいわば“本来の心”(「無の心」「空の心」あるいは「ゼロの心」)とも言えるもので、焼くことも、流されることも、壊れることもない、いわば絶対的な心です。そして、臨済は、その心によって認識される世界以外のものに心を向け、惑わされてはならない迫ります。
 “しゃもじ”を例にその真意を噛み砕いて言うなら、“しゃもじ”を“しゃもじ”として、正しく認識し、それが持つ固有の価値や役割を認めた上で、それを最後まで使い切るということなのではないでしょうか。よその家の“しゃもじ”と比較して、使いにくいと不平を言ったり、デザインが悪いと不満を漏らしたり、あるいは、まだ使えるのに安易に新しいものに買い換えたりしてはならないということでしょう。
 さらには、“しゃもじ”の横に美味しそうな味噌汁の入った鍋があったとしても、それを“おたま”に見誤ったり、あるいは周囲の圧力に屈して、“おたま”だと言うようなことはあってはならないということではないでしょうか。
 すべてのことは現状で満ち足りており、無駄なものも一つもない「心地の法」が伝えようとしている真意はここにあるのだと思います。

 ところで、ここでは“しゃもじ”を例にとりましたが、凡夫である私たちは、常々、これに類する浅はかな行いをしていることが多いのではないでしょうか。
 一つの「もの」に出逢ったとしても、自分の価値観や都合、選り好みなどをもとに、きれい、きたない、美しい、醜い、好き、嫌い、うまい、まずい、可愛い、憎いなど、実に様々な感情が生まれます。そして、それをもとに差別や選別をしたり、ときには他者との間に争いを起こしたりすることもあります。
 しかし、それらのいわば二次的な感情は、時が経ち、状況が変われば変化していきます。それらは相対的なものであり、その意味ではすべて仮のものです。そんなものに、引きずられ、縛られ、操られて右往左往するのは馬鹿げているということでしょう。
                      emo_rice_brands.jpg
 凡庸な私には、臨済のメッセージの奥義を読み解く力はとてもありません。後は、読者の皆さんの卓見にお任せするしかありません。ただ、臨済の理屈に倣うなら、無心で“しゃもじ”を使っているときの私は、“しゃもじ”に転じている(なっている)ことになります。
 そう言えば、私が“しゃもじ”の所在を妻に尋ねているとき、私の手はしゃもじの形を作っています。また、“はさみ”を探しているときには、人差し指と中指ではさみをの形を作っているのです。考えてみれば、これも不思議なことです。
 これからも、“しゃもじ”を使うときには、あらゆる余念を廃し、“しゃもじ”に成り切るように努めようと思っています。そのとき、“しゃもじ”は、きっと最高の働きをするのだと思います。そして、私は、“しゃもじ”になるのです。
 こんなことを考えているから、脳天気だと言われるのでしょうか。 (〆)                                        
   

 45-5
※クリックすると拡大して見られます。

次回は「世界で一番貧しい大統領のスピーチ」を掲載(4回配信)します。ぜひ、ご訪問ください。


Comment:0  Trackback:0
2016
04.09

世界で一番貧しい大統領のスピーチ ①/④

Category: 未分類
1 (5)  

 以下は、ある実在の人物のスピーチの一部です。読者のみなさんは、このスピーチをどのように受け止められるでしょうか。
 ちなみに、これはその内容を意訳して子ども向けの表現に変えたものです(くさばよしみ編「世界で一番貧しい大統領のスピーチ」から抜粋)。
 
きょうの午後、ここでずっと話されていたことは、人類がこのさき地球の自然と調和しながら生きて行くにはどうしたらよいのか、そして世界から貧しさをなくすにはどうしたらよいかということでした。
 しかし、いっぽうで、わたしたちの頭には何がうかんでいるでしょうか。もっと豊かになって、ほしいものがどんどん手に入る、ゆうふくな社会を望んでいるのではないでしょうか。-中略-
 もっとはっきり言います。
 70億や80億の全人類が、いままでぜいたくの限りをつくしてきた西洋社会と同じように、ものを買ったりむだづかいできると思いますか。そんな原料が、いまのこの世界にあると思いますか。-中略-
 いまの文明は、わたしたちがつくったものです。わたしたちは、もっと便利でもっとよいものを手に入れようと、さまざまなものをつくってきました。おかげで、世の中はおどろくほど発展しました。
 しかし、それによって、ものをたくさん作って売ってお金をもうけ、もうけたお金でほしいものを買い、さらにもっとたくさんほしくなってもっと手に入れようとする、そんな社会を生み出しました。
 いまや、ものを売り買いする場所は世界に広がりました。わたしたちは、できるだけ安く作って、できるだけ高く売るために、どの国のどこの人々を利用したらいいだろうかと、世界をながめるようになりました。
 そんなしくみを、わたしたちはうまくつかいこなしているでしょうか。それとも、そんなしくみにおどらされているのでしょうか。-中略-
 人より豊かになるために、情けようしゃのない競争をくりひろげる世界にいながら、「心をひとつに、みんないっしょに」などという話ができるのでしょうか。だれもが持っているはずの、家族や友人や他人を思いやる気持ちは、どこにいってしまったのでしょうか。-中略-
 わたしたちが挑戦しなくてはならない壁は、とてつもなく巨大です。目の前にある危機は地球環境の危機ではなく、わたしたちの生き方の危機です。-中略- 水不足や環境の悪化が、いまある危機の原因ではないのです。ほんとうの原因は、わたしたちがめざしてきた幸せの中身にあるのです。見直さなくてはならないのは、私たち自身の生き方なのです。  -以下略-

(以下、②/④につづく)
45-6  
※クリックすると拡大して見られます。

Comment:0  Trackback:0
2016
04.13

世界で一番貧しい大統領のスピーチ ②/④

Category: 未分類
2 [ムヒカ大統領] 
 どのような立場の人物が、どのような場面で行ったスピーチだと思われるでしょうか。学者でしょうか、宗教家でしょうか、それとも環境保護団体の代表でしょうか。マスコミでも一時期、盛んに取り上げられましたので、すでにご存じの読者もあるかと思いますが、スピーチの主は、南米ウルグアイの大統領であったホセ・ムヒカ氏です。2012年、ブラジルのリオデジャネイロで開催された国際会議で開かれたときのスピーチでした。この会議の目的は、環境悪化が進む地球の未来について話し合うことにありました。
 世界中から集まった各国の代表が、地球環境の悪化を抑制することをめざし、順番に意見を述べていきました。しかし、各国ともこれといった案を打ち出せず、会議の終わり近づいたとき、ウルグアイの番がやってきました。そこで行われたのがムヒカ大統領のこのスピーチでした。
 会場の人たちは、南米の小国の代表の話に、はじめのうちはそれほど関心を示さなかったようです。ところが、スピーチが終わったとき、会場からは大きな拍手が沸き起こったといいます。
  その内容に心が揺さぶられるのはもちろんのことですが、私が驚かされたのは、それが一国の大統領によるスピーチであるということでした。一般に、この種の話と政治とは、相容れない関係にあるというのが私の認識だったからです。
                                                       
 ムヒカ大統領は、スピーチの中で「(環境の悪化の)ほんとうの原因は、わたしたちがめざしてきた幸せの中身にあるのです。見直さなくてはならないのは、私たち自身の生き方なのです」と述べています。また、引用文にはありませんが、「いままではとはちがった文化をつくるために、たたかいをはじめる必要がある」とも語っています。まことに重い言葉です。悪化の一途をたどる地球環境の問題に真正面から取り組むとしたら、これしかないというのがこの主張なのだと思います。まさに正論だと思います。
              [ウルグアイ国旗] 5_2015081613513365e.jpg
  ただ、正論はあくまでも正論であり、私たちは、道義や建前だけでは生きていけません。とかく「総論賛成」「各論反対」という二律背反に陥り易いのが私たちの常です。
 それに、そもそも“私たち自身のこれまでの生き方を見直す”などというというのは、そう簡単なことではありません。そのことを平たく言うなら、今ある便利さや快適さを手放し、不便や不快を許容することに他なりません。その意味では、時代の歯車を無理やり逆方向に回すことにもなりかねません。
 したがって、それが為政者から発せられたものであるなら、我慢の奨励や強要にもなるでしょうし、その先にあるのは、経済活動の停滞であり不況の到来ということになるのではないでしょうか。国民(住民)の投票によって選出された為政者が、我が身に不利に働くような言葉を口にするなどということは、通常はあり得ません。(③④へつづく)
45-7  
※クリックすると拡大して見られます。





Comment:0  Trackback:0
2016
04.17

世界で一番貧しい大統領のスピーチ ③/④

Category: 未分類
3 [自宅前のムヒカ大統領]
 ところが、ムヒカ大統領は違いました。スピーチの中で、繰り返し“生き方の見直し”を訴えています。そして、古代から伝わる言葉も引用しながら、「貧乏とは、少ししかもっていないということではなく、限りなく多くを必要とし、もっとももっとほしがることである」とも述べています。これは、これまで私たちが築いてきた価値観や幸福観、さらには哲学の変更を迫るものと言えると思います。実に含蓄のある言葉だと思います。集票のために、飽きもせず声高に景気回復を叫び続けているどこかの国の政治家たちからは絶対に聞くことのできない言葉ではないでしょうか。
 しかしながら、こんな疑問も湧いてきます。このような発言をするムヒカ大統領自身は、どうなのか…。彼はどのような生き方をしているのか…。“言うは易く、行うは難し”なら、誰も賛同しない…。
 言行の一致があってこそ、その主張には説得力が生まれます。そこで、ムヒカ大統領について調べてみました。
 ムヒカ大統領は、1935年、首都モンテビデオの貧困家庭に生まれました。家畜の世話や花売りなどで家計を助けながらも、1960年代に入ってゲリラ組織に加入し、4度の逮捕も経験しています。出所後に左派政治団体を結成し、1995年の下院議員選挙で初当選を果たすと、2005年に中道左派政権の下で農牧水産相として初入閣します。そして2009年、大統領選挙戦で勝利したことにより第40代ウルグアイ大統領となりました。その後2015年2月末まで同職にありました。
 愛称はエル・ペペ。趣味は花の栽培。彼の個人資産は、フォルクスワーゲン・タイプ1のみで、大統領在任中も公邸には住まず、首都郊外の質素な住居に暮しました。また、給与の大部分(約87%)を財団に寄付し、月1000ドル強の生活で、「世界で最も貧しい大統領」とされました。
 彼の愛車である1987年製フォルクスワーゲン・ビートル2800ドル(約32万円)をアラブの富豪が100万ドル(約1億1600万円)で買い取ることを打診された際、2014年11月14日にラジオで「友人たちから貰った物だから、売れば友人たちを傷つけることになる」と、これを拒否したとのことでした。
 これを見る限り、彼が決して単なる理想主義者でないことが理解できるように思います。まさに、稀代まれに見る有言実行の政治家であると言ってよいのではないでしょうか。素晴らしいことだと思います。(以下、④/④につづく)

45-8  
※クリックすると拡大して見られます。


Comment:0  Trackback:0
2016
04.21

世界で一番貧しい大統領のスピーチ ④/④

Category: 未分類
fgr_09-1.jpg 
  ムヒカ大統領のスピーチに触れ、以前、本ブログで紹介したことのある言葉を思い出しました。近くのお寺で拝聴した法話の中で示された言葉でした。
  人間は、どうしたら満足になるかが分からない。そもそも満足というものが何であるかが分からない。だから、どうなったとしてもそれに満足できない。常に、深い渇(うえ)があり、不安がある…。
 目から鱗の落ちる思いで拝聴したことでした。満足などというと、とかく私たちは、それを金銭や物品などの潤沢さに置き換えてしまいがちです。しかし、それらのものは例外なく、移ろいゆくものであり、同時に限りあるものです。形あるものは、全て「無常」という真理からは逃れることはできません。それに、ムヒカ大統領も指摘しているように、そもそも私たちが暮らす地球そのものが有限です。
 ところが、私たちの欲に切りはありません。「どれだけ消費すれば満足か?」と問われても、「分かりません…。そもそも満足が何であるのか知りません…。」としか答えようがないのが私たちです。
 ムヒカ大統領の言う「ものをたくさん作って売ってお金をもうけ、もうけたお金でほしいものを買い、さらにもっとたくさんほしくなってもっと手に入れようとする社会」に満足などというのは幻でしかないのだと思います。
 仏教の思想を煎じ詰めたものの一つに「小欲知足(しょうよくちそく)という考え方があります。現状に満足し、不満を持たない生き方です。貪らない生き方、身の丈に合った生き方という言い方もできるかと思います。「目の前にある危機は、私たち自身のの生き方の危機である」というムヒカ大統領からの鋭い警句を前に、今、私たちが生き方を見直すとしたら、もはや「小欲知足」を実践するしかないのではとの思いが募ります。
 山田無文やまだむもん)老師(昭和に活躍した臨済宗の名僧)は、「お金というものも、足らんこともないが、余りもせん、これが一番金持ちである。いくらたくさんお金を持っていても、もっと欲しい、まだ足らんという人は一番貧乏人である」と述べています(『維摩経』の解説文より)。ムヒカ大統領の訴えようとしていることもこれと重なるものです。時代の違いや洋の東西を問わず生きる、普遍的な真理と言ってよいのではないでしょうか。
 最後に、ムヒカ大統領がスピーチの終盤に述べた言葉を紹介して、今回のブログを閉じたいと思います。               
               4
  わたしが話していることは、とてもシンプルなことです。
 社会が発展することが、幸福をそこなうものであってはなりません。発展とは、人間の幸せの味方でなくてはならないのです。
 人と人とが幸せな関係を結ぶこと、
 子どもを育てること、
 友人を持つこと、
 地球上に愛があること― 
 こうしたものは、人間が生きるためににぎりぎり必要な土台です。発展は、これらをつくることの味方でなくてはならない。
  
興味のある読者は、ぜひ原本に当たられてはいかがでしょうか。 (〆)

46-1  
※クリックすると拡大して見られます。


Comment:0  Trackback:0
2016
04.25

ギャラリー45

Category: 未分類

◎これまで掲載した水をテーマにした写真をギャラリー45としてまとめました。 

 
水は百面相 どれも水の顔には違いない 
 しかし どれも本当の顔ではない 
 心も同じこと
 
 今回の撮影地は、すべて名古屋市(熱田区)です。

45-1

 45-2

45-3 

45-4 

45-5 

45-6 

45-7 

45-8 

次回は「炭素でつなぐ輪」を掲載(3回配信)します。ぜひ、ご訪問ください。

Comment:0  Trackback:0
2016
04.29

炭素でつながる輪 ①/③

Category: 未分類

sizen_20150514114012100.jpg 
 「こどもの日」が近づきました。それにちなみ、子どもに向けた話題を提供したいと思います。炭素を媒介とした「食物連鎖」を伝える話です。抹香臭いと思われるかもしれませんが、釈迦が説いた真理の一つ「諸法無我」にも通じるものだとも思います。未来を担う子どもたちには、ぜひ伝えておきたい話です。
 以下、小学校の高学年の子どもたちを想定し、授業形式で話を進めますが、一つの展開例であることは言うまでもありません。


IMG_2869.jpg  

今日は、「食べ物」のお話をします。
 今、一人の人間が、この丸いおせんべいを食べたとします(「円」の表側を提示)。でも食べたものは、全てが体になるのではありませんね。体の外に出るものもあります。そこで、これを見てください。(「円」の裏側の円グラフを提示)
 赤いところが体の一部になるものです。つまり、血になったり、肉になったり、骨になったりするものですね。 
 では、緑色ところは何でしょうか…?これは、おしっこやウンチや汗などになって体の出て行くものです。
 では、水色の所は何でしょうか。まだ、身体の出ていくものがあるのでしょうか…?これは、人間の吐く「息」の中にある「二酸化炭素」というものです。理科の勉強で聞いたことがある人もあると思いますが、物が燃えるときに出る気体です。実は、人間も「二酸化炭素」を出しているのです。体の外に出ていくものの全体を100とすると、28.7%が「二酸化炭素」です。
 「二酸化炭素」というのは、「酸素」と「炭素」でできていますが、「酸素」と「炭素」が合わさると、すごい働きをしてくれます。皆さんが、歩いたり、走ったり、跳んだりする力、話したり、書いたり、考えたりする力の元は、「酸素」と「炭素」が合わさったときに出てくる力です。
 では、人間は、「酸素」をどのようにして体の中に取り入れているのでしょうか?空気中からですね。息を吸うとき、空気中にある「酸素」を体の中に取り入れています。
 それでは、「炭素」はどうでしょう。どのように体の中に取り入れているのでしょうか…?実は、「炭素」は食べ物の中に入っています。どんな食べ物の中にも入っています。人間は食べることによって「炭素」を取り入れているのです。
 ここからは、皆さんの代表の6人にも手伝ってもらって話を進めます。6人の人には、それぞれAさんにはの役、Bさんにはカラスの役、Cさんにはバクテリア(微生物)の役、Dさんにはミミズの役、Eさんにはの役、Fさんにはの役をやってもらうことにします。G先生(補助役の教師)にも、手伝ってもらいます。(Gは子どもでも構わない。その場合事前に指導しておく。)
(以下、②/③につづく)

46-2 
※クリックすると拡大して見られます。 




Comment:0  Trackback:0
back-to-top