2016
02.01

「天心が伝えようとしたこと」③/④

Category: 未分類

 3_20150222170315688.jpg

 では二つ目の「相対性の認識」とはどのようなことなのでしょう。
 テキストに引用されている天心の言葉です。


 現在というのは、絶えず変転しつつある無限のあらわれであり、相対の立場である。この相対性にどうやったら正しく対応できるのか、その秘訣が「この世に生きる術」なのである。身の回りの状況を絶えず調整していく術である。道教はこの世をありのままに受け入れるのであり、嘆かわしいこの世の暮らしのうちにも美を見いだそうとするのだ。(中略)
 禅が東洋思想に特に貢献したのは、日々のありふれた暮らしに宗教儀礼などと同様の重要性を認めたことだった。(禅は)この世を結びつけている広大な相関関係から見れば大小の区別はとるにたらず、一個の原子のうちには宇宙全体に等しい可能性が内包されている説いたのである。


 現実というのは相対という姿であらわれてくる…。したがって、相対としての現実を丸ごと認め、それに対処していくことが「この世に生きる術」があり、このようなあり方の中にこそ美がある…。このような主張かと思います。
 現実というは相対という姿でしかあらわれようがないという認識に立つなら、この世に大も小もありません。長も短もありません。貴も賎もありません。すべては同値であり同等です。比較しても何の意味もありません。
 以前にも紹介したことがありますが、禅には「柳は緑、花は紅」という有名な言葉があります。文字どおり、柳は緑色であり、花(この場合は桃の花を指します)は紅色であるというごく当たり前のことを述べたものですが、これは「柳は緑」であること、「花は紅」であることが真理だということです。柳は花にはなれません。花は柳にはなれません。共にそのままで最高の存在であるということです。現実にある相対、つまり“違い”をそのままに認めていくことが最も理にかなっているということです。
 禅には「脚下照顧(きゃっかしょうこ)という有名な禅語がありますが、これは、日常の何でもない生活を直視することの大切さ説いたものです。歩く、止まる、坐る、寝ることから、衣服の着脱や食事をすることに至るまで、どんな些細なことでも、その一つ一つに心込め、ていねいに当たっていくことが最も尊く、美しいというメッセージだと思います。
 茶聖とされる千利休に次のような歌があります。
 稽古とは 一より習い十を知り 十よりかえる元のその一
 茶道の稽古は、一から十まで進んだとしてもそれで完成ではない…、そこから、また改めて一から一つずつ学んでいくという繰り返しにこそ、その真意があり、美しさがある…。天心の説く、茶道における「相対性の認識」という思想と禅の思想との類似点は明らかだと思います。(以下、④/④につづく)

43-7 
※クリックすると拡大して見られます。


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
02.05

「天心が伝えようとしたこと」④/④

Category: 未分類
4_20150222170318aae.jpg [茶の本]
 以上、「不完全性の美学」「相対性の認識」という、「茶の本」に見える天心の二つの特徴的な思想に絞って話を進めてきましたが、それは天心の思想の全体からすればごく一部分に過ぎません。また、それについての私の論述も不十分であることはよく承知しています。
 しかし、テキストを通じてではありますが、この本の中で天心が論じている思想の卓抜さと先見性には、たいへん感じ入るものがありました。また、「茶の本」が刊行された当時、日本には西洋の思想・文化が一挙に押し寄せていました。それに抗うように、茶の湯を日本の文化・思想の到達点と位置づけ、世界に向けて発信しようとした天心の気骨には、脱帽させられる思いでした。
 テキストの解説文の中に、次のような一文がありました。
 天心の特徴の一つにあげられていたのが、外から日本を見る目、日本と西洋とを相対的に見る広い視点、また時間的、歴史的な射程の長い視点から見れば、日本の伝統文化というのは、評価されるべきものであり、むしろ日本の伝統文化には西洋の近代文化を超えるようなものがあるという確信があったことだ。
 天心が活躍した時期は、廃仏毀釈
(はいぶつきしゃく)運動にも象徴されるように、仏教排斥の動きが盛んとなり、各地で寺院・仏像・仏具・仏典の破壊や僧侶の還俗強制などが起きた時代もありました。人心は、西洋へ西洋へと大きく傾き、旧来の日本文化から脱皮しようとす風潮が定着しつつありました。このため、当時、天心の思想は理解されず、孤立化という運命をたどることになりました。
 それだけに、茶の湯に見られる日本の伝統文化の優位性を確信し、時の風潮におもねることなく生涯を貫いた天心の生き方には、心揺さぶられると同時に尊崇の念が湧いてきます。
  近年、外国人観光客の増加にも象徴されるように、日本の内外で日本の伝統文化を見直す動きが活発化しています。たいへん嬉しいことです。
 茶の湯が日本の文化・思想の到達点であり、それが老荘思想や禅の思想を土台としたものであるとした天心の思想に興味をひかれて購読したテキスト本ではありましたが、天心の卓越した文化論に触れることができ、たいへん勉強になりました。
 読者の中には、すでに「茶の本」を読まれた方もあるかと思います。私はまだ、原文を読んでいませんが、興味をもたれた方は、ぜひ原文に当たられてはいかがでしょうか。また、別な読み方ができるかと思います。(〆)

43-8 
※クリックすると拡大して見られます。
次回は「氷の島とねこ」を掲載(4回配信)します。ぜひご訪問ください。

Comment:0  Trackback:0
2016
02.09

ぎゃらりー43

Category: 未分類
◎これまで掲載した水をテーマにした写真をギャラリー43」としてまとめました。 

 
水は百面相 どれも水の顔には違いない 
 しかし どれも本当の顔ではない 
 心も同じこと
 
今回の写真3~7は、全て阿知波池で撮影したものです


43-7

 43-8

43-6
4 
43-1 

43-3 

43-4 

43-5


次回は、「氷の島とねこ」を掲載(4回配信)します。ぜひご訪問ください。
Comment:0  Trackback:0
2016
02.13

「氷の島とねこ」」①/④

Category: 未分類
1_201503041052364bd.jpg 
 今回は、「氷の島とねこ」という絵本を紹介したいと思います。とある喫茶店で偶然に見つけた絵本でした。子供向けに制作された絵本ではありますが、考えさせられるところがあり、年齢も顧みることなく、即座に購読を決めました。
 次のような書き出しから始まります。
 ひろいひろい海に、氷の島がありました。
 氷の島は、遠くの緑の島を、いつもうらやましく おもっていました。
 花や木やどうぶつでいっぱい。
 たのしそうでいいなあ。
 氷の島には、なんにもありませんでしたから。
 
 夜がくると、空にはふるように星がまたたきます。
 となりあう星をみるたびに、氷の島はおもいました。
 あの星のひとつだったら、さみしくないのになあ。
 なにしろ氷の島は、まわりになんにもありませんでしたから。

 以下、その後のストーリーをあらすじで紹介します。
 ある日、大きなあらしが海を襲い、転覆した船から、1ぴきのねこが氷の島に流れ着きます。氷の島は、大喜びします。そして、ねこのために、さかなのすみかに移動したり、星座をさがしにいったり、オーロラをみにいったり、たのしい旅を続けます。氷の島は、ねこが楽しんでいる様子を見て、幸せに浸ります。
 ところが、氷の島に一つの不安が過ぎります。
「ねこが、みどりの島に行きたいといったらどうしよう?」
 そこで、氷の島は、みどりの島から遠く離れることを考えます。そして、何日かたってたどり着いたのは、北の海でした。
 ところが、寒さのため、ねこは動けなくなってしまいます。悲嘆に暮れた氷の島は、ねこを助けるために、温かい南の海へ戻ることを決意します。そして、全力で南の海を目指します。
 南の海に戻ったねこは息を吹き返します。それを見て、氷の島は安堵しますが、その体は、ガラス玉のようにちいさくなっていました。
 みどりの島の上で目をさましたねこは、氷の島がどこにもいないことに気づきます。そして、いつまでも泣き続けます。
 こうして、ラストシーンを迎えます。
 今でも時おり、ねこは氷の島と旅した夜空をみあげます。
 そこには、さいごにみた氷の島とそっくりなあおい星が、やさしくまたたいていました。

(以下、②/④につづく)
 
 
44-1
※クリックすると拡大して見られます。


Comment:0  Trackback:0
2016
02.17

「氷の島とねこ」」②/④

Category: 未分類
2_20150304105237f70.jpg 
 主人公は氷の島ですが、それに人間の有り様を重ねて見てしまうのは、私だけではないと思います。
 いつも仏教のものの見方、考え方に結びつけてしまう悪い癖をなかなか改められないのが困りものですが、この話もそんな視点から眺めてみると、いろいろなことを教えられるように思います。
 これまでも紹介したように、仏教には、「六道輪廻(ろくどうりんねという思想があります。「六道」とは、「天道」「人道」「阿修羅道」「畜生道」「餓鬼道」「地獄道」のことです。いつも言うように、死後の世界を喩えたものではありません。現世を生きている私たちの心が、日々、この六つの道を迷い、巡っているという考え方です。
 「六道」については、私たちの心が次のような状態にあるときだと理解しています。以下、それを前提として、話を進めていきたいと思います。
 ・「天道」…喜びの真っ直中にあるとき
 ・「人道」…心が平穏な状態にあるとき
 ・「阿修羅道」…争いの中にあるとき
 ・「畜生道」…本能の赴くままにあるとき
 ・「餓鬼道」…際限のない欲望を抑えられないとき
 ・「地獄道」…罰を受けていると感じているとき

 氷の島(以下、島とします)は、いつもさみしい思いをしていました。それだけに、ねこが流れ着いたときの喜びは大きななものでした。ねこに対して施した様々なおもてなしが、それをよく表しています。そして、楽しそうなねこの様子を見て、島は幸福感に浸っていました。
 この時の氷の島の心を「六道輪廻」の思想になぞらえるなら、さしずめ「天道」といったところではないでしょうか。喜びの真っ只中にあり、有頂天になっている様子です。
 しかし、島は、だんだん不安になってきます。それは、ねこの心が自分から離れてしまうのではという疑念からでした。しかし、そこに別の心理が働いていたことは明白です。植物や動物で溢れるみどりの島に対して、それまで抱いていた羨望は、嫉妬心に変わり始めたのです。それは、ねこを独り占めしたいという欲望と表裏一体をなすものともいえるかと思います。
 このときの島の心は、「六道」のうちのどの心になぞえることができるでしょうか。そこに、みどりの島に敵がい心を燃やしている姿を見て取るなら、その心は、さしずめ「阿修羅道(あしゅらどう)にあるといえるでしょう。また、ねこをみどりの島から引き離そうとする場面にクローズアップするなら、際限のない独占欲をコントロールできない「餓鬼道(がきどうにある様子とも言えるでしょう。いずれも、身につまされるような心の有り様です。(以下、③/④につづく)

44-2 
※クリックすると拡大して見られます。


Comment:0  Trackback:0
2016
02.21

「氷の島とねこ」③/④

Category: 未分類
3_201503041052388c2.jpg 
 ところが、北の海に向かい、寒さで動けなくなったねこの姿を目の当たりにしたことで、島の心に劇的な変化が起こります。原文には、その様子が次のように描かれています。
 「島は、くだけそうになるほど、かなしくなりました」
 このときの島の深い悲しみを代弁する、たいへん印象的な表現だと思います。「地獄道(じごくどうになぞらえることも可能かと思います。そして、次の瞬間、島は、ねこを助ける決心をします。物語のクライマックスです。
 島は、自らの身を顧みることなく、みどりの島のある温かい南の海に全力で引き返します。そして、その体を小さく、小さくしながら、ねこを南の海へ運びます。しかし、息を吹き返したねこが気づいたとき、島の姿はありませんでした。
 では、ねこを助ける決心をした場面での島の心を「六道」を巡る心になぞらえるとしたら、どのようになるのでしょうか。読者ならどう答えられるでしょうか?
 以下は、いつものように独りよがりな私見です。
 私は、このときの島の心は「六道輪廻」の思想を超越しているのだと思うのです。
 これまで、「六道」を輪廻する心のことをテーマに話を進めてきておきながら、この場に及んで、それから離れるような展開に持ち込むのはルール違反ではないかとのご意見、ご批判もあろうかと思います。しかし、私には、このときの島の心情を読み解く鍵は、そこにしかないと思うのです。
 絵本の中では
「はやく、はやくあたたかなところへ!氷の島は、力のかぎり はしります」
と描かれます。
 瀕死のねこを助けよう…、それには早く南の海に戻ることしかない…。そのときの島の心に、自らの命運に対するこだわりも、とらわれも一切ありません。また、ねこを自分のもとに留め置きたいという我欲もありません。あるのは、ねこを救いたいという純粋な心だけです。ただただ、ねこを救いたいという一心があるのみです。
 「六道」を迷い、巡る心というのは、“自分が一番可愛い”という思惑に由来するものです。瀕死のねこの姿に接することで島が到達した心の動きというのは、「六道輪廻」の世界にある心とは全く別の次元のところにあるものではないでしょうか。(以下、④/④につづく)

44-3 
※クリックすると拡大して見られます。

Comment:0  Trackback:0
2016
02.25

「氷の島とねこ」④/④

Category: 未分類

4_20150304105235b2e.jpg
 この絵本を読み終わり、思い出したのが白隠禅師(江戸時代に活躍した臨済宗の高僧)の『座禅和讃(ざぜんわさん)の冒頭で詠われる一節でした。
 「衆生本来仏なり 水と氷のごとくにて 水を離れて氷なく 衆生のほかに仏なし」
 白隠禅師(以下、禅師とします)の説く「氷」が「六道」を輪廻する心を指していることは言うまでもありません。その上で、禅師は、「氷」を煩悩から離れられない一般の大衆、つまり「衆生」に喩えています。
 では、「水」とは何のことを喩えたものでしょうか?
 これこそが、「六道輪廻」の世界を超越する心ではないかと思うのです。禅師は、「衆生」は、もともと「仏」であると言います。そして、その上で、「氷」を「衆生」に、「水」を「仏」に喩え、「水」があるからこそ「氷」が存在すると述べています。つまりは、煩悩にまみれた「衆生」も、もともとは誰もが例外なく「仏」であるのだから、そのことにはやく気づき、「仏」としての自分に目覚め、「仏」としての生き方をしていきなさいというのです。軟弱な私などは、いつもこのメッセージに勇気づけられているのです。

 そこで、最後に、絵本のストーリーと『座禅和讃』に見られる思想とを重ね合わせて考えてみたいと思います。禅師の説く「氷」というのは、文字どおり氷の島のことでしょう。そして、「水」というのは、この物語の舞台である広大な海のことでしょう。
 このような見方をすると、敵がい心や独占欲をあらわにした氷の島の姿が、煩悩を抱えた「衆生」の姿に、そして、それを小さな氷の塊に変えていった南の海の有り様が「仏」の姿に見えてこないでしょうか。温かい南の海の持つ大きな力によって、「六道輪廻」の真っただ中にあった氷の島の心は、その体を次第に小さくしながら、次第に「仏」に近づき、ついには海と一体となることで「仏」そのものになったのではないでしょうか。
 最後の場面で、ねこは氷の島と旅した夜空を見上げ、氷の島とそっくりな青い星を見つめます。このとき、ねこは海を含む大宇宙に氷の島、言い換えるなら「仏」の姿を見ていたのではないでしょうか。少し深読みが過ぎるでしょうか。
 いずれにしても大変よくできた絵本だと感じました。読者の皆さんも、ぜひ手に取り、童心にかえって読まれてみてはいかがでしょうか。(〆)

44-4 
※クリックすると拡大して見られます。

次回は「心を始末する」を掲載(5回配信)します。ぜひご訪問ください。


Comment:0  Trackback:0
2016
02.29

「心を始末する」①/⑤

Category: 未分類
おもい 

 いつもお邪魔するの寺院(浄土真宗)で、法話を聴く機会に恵まれました。今回は、冒頭で『心のためにはせ使われて、安きときあるものなし』という言葉が紹介されました。『心のためにはせ使われる』とは、どのようなことをいうのでしょうか。
 面白い例が示されました。結婚した女性の“里帰り”についての話でした。義母曰く「うちの嫁は里帰りが多くて困りものだ」と。これに対して、実母曰く「私の娘はよくうちに帰ってきてくれて親孝行者だ」と。
 また、以前、本ブログでも掲載したことのある、小学生の書いた「運動場」という短い詩も紹介されました。
 せまいせまいなといって / みんなが遊んでる。
 朝会のとき石を拾わされたら / 広い広いなといって拾っていた。
 一つの事実でも、立場や状況の違いによって受け止めが全く異なるという、しごく当然の話ではありました。
 夏になれば「暑いから、早く冬が来てくれないか」と言い、冬になれば「寒いから、早く夏が来て欲しい」と言う。ことほど左様に、私たち凡夫はいつも勝手気ままです。自己の都合を最優先させるからでしょう。自分を中心にして物事を区分し、自分にとって心地よく、都合のよいことだけを受け入れ、そうでないものを遠ざけようとする心が働くからでしょう。
 私たちのそんな様子を評して、講師さんは「心の始末」ができていないと断罪されました。『安きときあるものなし』というのは、そのような心が大手を振って歩いているから、いつまで経っても心は安まらず、苦悩がなくならないということなのだろうと思います。
 いつも例に出す沢庵(たくあん)禅師の道歌、「心こそ 心惑わす心なれ 心に心 心許すな」も、心のそんな状態を詠んだものだと思います。心こそが自分を迷わすものであるから、自分の心の動きにくれぐれも気を許すなということです。「心の始末」とは、このような心の持つ性質をしっかりと理解し、それを正しく制御していくことなのだろうと受け止めました。
 ところで、禅では心の問題をどのように捉えているのでしょう?
 禅は、別名を「仏心宗(ぶっしんしゅう)」とも呼ばれているように、心とは何かということを基本的な課題としています。そして、古来から様々な見方が示されてきました。
 中国禅の本流を築いた慧能(えのう)禅師(以下、慧能とします)にまつわる有名な話があります。(以下、②/⑤につづく) 

44-5 
※クリックすると拡大して見られます。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top